2020年 11月 26日 (木)

職場の仲間は「チームメイト」「イケメン」パラアーチェリー、上山選手の素顔

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

一本の矢が的の真ん中に当たったときの快感をいっしょに

   上山選手は、三菱電機の一員であることで「多くの同僚と一緒に戦っている」と感じる。プロは孤独な印象があるが、企業に所属すると会社の仲間が支えてくれる。「アーチェリーは個人競技ですが、一つのチームであると感じることができることがうれしい」。

   さらに、三菱電機には他の競技のトップアスリートも所属しており、相談やアドバイスしあえる環境も大きな力となる。

   日本で、アーチェリーはまだまだマイナー競技だ。国内大会では観客が一人もいないこともあるという。「息を吸うのも忘れるくらいに張りつめた緊張のなか、満を持して放たれる一本の矢が、的の真ん中に当たったときの気持ちよさは、選手だけじゃなくて観客も味わえるはずです。静寂が突如として大きな歓声に包まれる。あの興奮を会場でぜひ、体験してほしい」。

   上山選手は、一人でも多くの人が、夢の島公園アーチェリー場(TOKYO2020・アーチェリー競技開催場)に見に来てくれることを望んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中