2019年 5月 19日 (日)

「はとバス」初の男性バスガイド誕生! でも、70年間ずうっと門戸は開放していたんですよ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   バスガイドといえば女性のイメージが強いが、東京や横浜を中心に東日本で定期観光を行なっている「はとバス」に2019年4月、初めて2人の男性バスガイドが誕生した。

   現在、新人研修の真っ最中で、早ければ今年(2019年)4月末にデビューを果たす。J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では2人に、女性ばかりの職場に挑戦する意気込みを聞いた。

  • バスの前で発声練習をする三國蘭さん(左)と松尾龍治さん(東京・平和島のはとバス本社で)
    バスの前で発声練習をする三國蘭さん(左)と松尾龍治さん(東京・平和島のはとバス本社で)

「おもてなし」と「優しさ」がバスガイドのココロ

   2人は、東京都出身の三國蘭(みくに・らん)さん(18)と長崎県出身の松尾龍治さん(18)だ。1948年に創業した「はとバス」70年の歴史の中で、初の男性バスガイドとなる。ほかの24人の女性とともに今年4月入社の採用試験に合格した。

   はとバスのバスガイドは、70年間ずっと女性だけだったわけだから、「女性に限る」という募集条件がついていたのかと思いきや、同社広報室の峰岸智美さんは、こう説明する。

「もともと採用条件には『男女を問わず』とあり、男性にも門戸は開かれていたのです。実際、過去に数名応募された男性がいましたが、合格基準に達しなかったため、採用に至りませんでした。今回は、あくまで2人の男性受験者が初めて選考基準をクリアしたということです」

   つまり、これまでも「女性だから」「男性だから」という選考はしてこなかったというのだ。では、そのバスガイド選考基準で、特に重視されるものとは何か。峰岸さんは、

「おもてなしの心を持ってお客さまを迎えることを大切にしております。また、接客中にその場その場で判断する、優しさも重視しています。採用担当者から、三國と松尾からは優しさがにじみ出ていたという話を聞いています」

と語った。

   採用試験では、筆記と面接に加え、適性試験として、発声能力を見るマイクを通した「本読み」、そして自分の得意な歌を一曲歌ってもらった。観光バスは渋滞に巻き込まれることがよくある。そんな時、臨機応変に場を楽しませるためにも、歌う能力が欠かせないという。2人は歌唱力とサービス精神でも合格点だったわけだ。

   三國蘭さんにバスガイドを志望した理由を聞いた。

「高校2年の修学旅行で沖縄に行った時、バスガイドさんがとても魅力的な人だったので、その仕事に憧れました。沖縄戦の野戦病院に使われた糸数豪(いとかずごう)や亡くなった人々の慰霊碑などを案内してもらいました。『戦争がなければ、この石碑は必要なかったのです』と慰霊碑に触りながら言ったガイドさんの瞳に光るものを見ました。ただ案内するだけでなく、伝える説明でした。ああ、こんな仕事をしたいなあと思ったのです」

   適性試験では、中島みゆきの「糸」を歌った。かなり難度の高い曲だ。高校時代は部活で演劇やダンスをやっていたので、「表現をすることは得意だし、好きです」という。おもしろいのは、三國さんはバスガイドが女性ばかりであることを知らなかったことだ。

「高校に来た、はとバスの募集パンフレットに『男女不問』と書かれていたので、男性もいるだろうと漠然と思っていました。ところが、会社見学会で人事の人から女性だけであることを聞かされ、『へえ~、そうなんですか!』と驚きました。しかし、もともと頑固というか、好奇心や開拓精神が旺盛なので、何の問題もないと思いました。落ちることはまったく考えていませんでした」

と、自信たっぷりに語る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中