2019年 4月 23日 (火)

「日本人長者番付」ユニクロ柳井正氏1位返り咲き 2位孫正義氏、ZOZO前澤氏はダウン......

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   経済誌「フォーブスジャパン」が「日本人長者番付2019」を、2019年4月11日に発表した。

   1位は、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を傘下に持つファーストリテイリングの創業者、柳井正氏で、2016年以来の首位となる。2位は昨年(2018年)首位だったソフトバンクの孫正義氏、3位はキーエンスの創業者、滝崎武光氏だった。

   上位50人の全リストはウエブ特設ページと「Forbes JAPAN」7月号(5月25日発売)に掲載される。

  • 1位の柳井正氏(2012年9月撮影)
    1位の柳井正氏(2012年9月撮影)
  • 2位の孫正義氏(2012年10月撮影)
    2位の孫正義氏(2012年10月撮影)

ユニクロが好調な柳井氏、巨大投資が注目を浴びる孫氏

   日経平均株価がここ1年間で5%上昇した一方、長者番付に名を連ねた50人のうち31人が、前年より資産を減らした。50人が保有する資産の総額は、今年3月22日時点で総額1780億ドル(約19兆7800億円)。前年の合計額1860億ドルより減少した。

   ファーストリテイリングの株式のうち、44%を保有する柳井正氏とその家族の資産は、約249億ドル(2兆7670億円)。50人のうち、この1年でドル建て資産を最も増やした。昨年の193億ドルから29%に当たる56億ドル増やしている。柳井氏の積極的な事業拡大により、ユニクロは現在、衣料小売りで世界第3位となっている。

   ソフトバンクの孫正義氏は、昨年首位から2位に。ただ、ソフトバンクの株価は上昇しており、孫氏の保有資産も前年から21億ドル増加して240億ドル(2兆6670億円)となった。孫氏が設立した1000億ドル規模のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は、巨額投資で広く注目を集める。SVFはサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から450億ドルの出資を受けている。そのほか、アブダビ首長国のムバダラ開発公社、アップル、クアルコム、オラクルの共同創業者で富豪のラリー・エリソンなどもSVFに出資している。

   キーエンス創業者の滝崎武光氏も前年より資産を増やした。保有資産は10億ドル増えて186億ドル(2兆670億円)となり、昨年4位から順位を上げた。キーエンスは、工場の機械やロボットの性能を監視するために使われるセンサーにより、中国で安定的な成長を続けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中