2019年 12月 16日 (月)

「電話に出ない新入社員」にブチ切れた先輩の投稿が話題 対処法を専門家に聞いた

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新人が入社してから3週間が過ぎた。すでに職場に配属された人も多いだろう。最近の若者は固定電話のかけ方を知らないといわれて久しいが、「頑なに電話をとらない新入社員」にブチ切れた先輩の投稿がネットで話題になっている。

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、ビジネスマナーの専門家に、新入社員にどんどん電話をとらせるようにするにはどうしたらよいか聞いた。

  • 新入社員の第一歩は電話から(写真はイメージ)
    新入社員の第一歩は電話から(写真はイメージ)

「殴ってやれ」「受話器をガムテープで頭に固定しろ!」

   話題になっている投稿は、2019年4月12日、2チャンネルに職場の先輩らしき人物が「【急募】頑なに電話を取らない新入社員に取らせる方法」なるスレッドを立てたものだ。投稿者によると、新入社員は上司から一応マニュアルを教えられている。周りは忙しいのだから電話くらい取るのが新人の仕事なのに、1コールで取らないため、投稿者が2コール目で舌打ちしながら取る始末だ。

   「なぜ取らないの?」と問い詰めると、「はい」「すみません」としか言わない。それで済むと思っている態度に「イラッとくる。ほんま行く末が不安だわ。さすがにハズレ引いたかね」と怒り心頭のありさまで、「いい加減イビったろうかな」という不穏な言葉まで書き込んでいる。

   これに対しては、

「受話器をガムテープで頭に固定しろ」
「次取らなかったら殴ればいい」
「電話取らなきゃクビにすると言えばいい」

といった感情的なパワハラコメントが殺到する一方、こんな具体的なアドバイスのコメントも――。

「新人君、自信がないんだ。再度教えたうえで、しくじっても俺がケツを持つと伝える方向で」
「電話の横にマニュアルを置いておく。最初のうちは相手の名前、用件だけ聞いて上司に代わるようにする。代わったら横に立たせてスピーカーにして、対応の見本を見せるといい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中