2019年 10月 21日 (月)

連休ボケか 5月病か...... いえいえ、その疲れは「男性更年期障害」かも

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   令和元年がスタートし、史上最長10日間のゴールデンウィークが幕を閉じた。日常に戻り、連休ボケで疲れがとれにくく、「5月病かなぁ?」なんて言いながら過ごしている人も少なくはないはず。

   そんな長期休暇明けの疲れを感じている男性はご注意! もしかすると、その症状は「男性更年期障害」の現れかもしれない。順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科教授で、メンズヘルスクリニック東京の男性更年期専門外来の担当医である辻村晃さんに聞いた。

  • 男性の更年期障害は30代からはじまっている
    男性の更年期障害は30代からはじまっている

働き盛りの30代で通院する人も

   「男性更年期障害」とは、ストレスに起因するホルモン量の低下による病気。多くは50代、60代の男性が該当すると思われるかもしれないが、じつは30代半ば以降の働き盛り世代もリスクを抱えているという。

   特に今年(2019年)は、新年度からの生活環境の変化に加えて、働き方改革が実行段階に入ったことや、新元号「令和」と新天皇即位に伴うお祝いムードの中の10連休と、肉体的にも精神的にも男性更年期障害の原因となる「ストレス」が多く潜んでいる。

   男性更年期障害は、「集中力の低下」「不眠」「発汗」といった身体的な症状のほかに、「無気力」「不安感」「頭のもやもや」といった精神的な症状もある=下図参照。これらは女性更年期障害とほとんど同じ症状ではあるが、女性とは違って精力低下や男性機能障害などの症状として現れることが多く、うつ病と勘違いされやすいのも特徴だ。

男性の更年期障害かも。
男性の更年期障害かも。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中