2019年 7月 22日 (月)

安倍首相はトランプ米大統領に何を約束させられた?「おもてなし狂想曲」を新聞報道で読み解く

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年5月25日~28日までの4日間、「令和」初の国賓として訪日したトランプ米大統領。ゴルフ、大相撲観戦、そして炉端焼きなど、盛りだくさんの「おもてなし」でトランプ氏との蜜月ぶりをアピールした安倍晋三首相。

   日米貿易交渉を控え、外交の成果はあがったのだろうか。大手新聞の報道(5月28、29日付)から読み解くと、前途多難のようだが......。

  • 六本木の居酒屋で炉端焼きを味わうトランプ大統領と安倍首相夫妻(首相官邸ホームページより)
    六本木の居酒屋で炉端焼きを味わうトランプ大統領と安倍首相夫妻(首相官邸ホームページより)

「シンゾー、困った。中国が言うこと聞かないんだ」

   今回の安倍首相とトランプ大統領の首脳会談、最大の焦点はなんだったのだろうか。「トランプ氏がひたすら訴えたのは、(日本側が)身構えていた自動車ではなく、牛肉や農産品などの関税だった」と、日本経済新聞はまるで会談の席に記者が同席していたかのように書いている。

「『シンゾー、聞いてくれよ。中国は困った。全然言うことを聞かない』。トランプ氏の口をついて出たのはもっぱら対中貿易協議のいらだちだった。『困った』と繰り返すトランプ氏に首相は『日米はうまくいっているのにね』となだめた」

   そして、トランプ氏は「米国だけが関税が高くて不利だ」と、環太平洋経済連携協定(TPP)でカナダ産などの牛肉関税が下がったことへの不満をぶつけた。大統領選の予備選・党員集会は今秋から全米を代表する農業州のアイオワ州から始まるからだ。

   特に、TPPはトランプ氏にとって鬼門だ。トランプ氏が憎むオバマ前大統領の政治的レガシー(遺産)だからで、トランプ氏はTPPという言葉を聞くたびに強い拒否反応を示す。首脳会談後の共同記者会見で、記者が首相に「米国農産物の関税引き下げはTPP水準が最大限の考えに変わりはないか」と聞くと、トランプ氏が割って入り、「私はTPPとは関係ない! 私は他人がサインしたものに縛られない」と、まくし立てたほどだ。

「トランプ氏が『豚には関税が38%かかっている』と牛肉と間違えて指摘しても、首相は『米国産の牛肉の輸入は増えている』とやんわりと修正しながら日本の貢献を説明した。選挙を控え簡単に譲れないのは安倍首相も同じだ。トランプ氏に対し、安倍首相は冷静に『日本の国会を通るウィンウィンの案を考えよう』と、「国会を通る=参院選後」というキーワードを刷りこんだ」(日本経済新聞)

   腫れモノに触るような会談だったようだ。そして、とりあえず参院選後決着に持ち込むことに成功した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中