2019年 12月 10日 (火)

RIZAPになにが起こった! 「指南役」のすげ替えに危ぶまれる社長の独り立ち(大関暁夫)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「おとなの経営者」に脱皮できるか?

   いかに正しい経営指南であろうとも、それを先導すべき経営者自身の指示の裏に、部外者の誘導を感じさせてしまったら、結局改革はうまく進まなくなってしまうのです。

   それが社員にとって、痛みを伴う改革であるならなおさらのこと。私は速やかに定期的に会社を訪れて社長の相談にのるコンサルタントの立場を改め、改革先導は社長に任せつつ外部で時々相談に進捗報告を受けながら都度相談に乗るカタチに変えて、なんとか無事改革を貫徹させることができました。

   社内の反発を受けながら、外部指南役に改革の道筋をつくってもらい、なおまた新たな経営指南役を雇い入れる。先行きに危機感が募る瀬戸社長が外部の経験者に頼りたくなる気持ちはわかりますが、グループとしての企業群を今こそ本当に一つにして自らの意思で先導する、自身が立派な「おとなの経営者」に脱皮するためにも、今こそ独り立ちすべき時に来ているように思います。

   あくまで指南役に頼るこのやり方で本当にいいのか、自己の経験からRIZAPの行く末に若干の不安を感じた一件でありました。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中