2019年 6月 19日 (水)

どう動くドル、トランプ相場に一橋大うんざり 慶大の巻き返しに明大は2万円に迫る(FX大学対抗戦)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ドル円相場は週末にかけてドルが売られた。週明けの2019年5月27日に1ドル=109円台半ばで底堅い動きをみせたものの、29日は米中貿易摩擦の長期化懸念から、109円台前半まで下落。その後、米国金利が上向きに動くと109円台後半まで上昇したが、31日にトランプ米大統領のメキシコへの関税強化の方針が伝わると、1ドル=108円前半を付けた。

   今週はトランプ米大統領が訪日。その発言が注目されたが、早稲田大学は就職活動で多忙で取引できず。一方、明治大学は積極的な取引で利益を積み増し、いよいよ2万円に迫った。慶応義塾大学もチャートを見ながら、こまめな取引で大幅プラス。「上がるか下がるか、わかりづらい」相場に、一橋大学は「怖くて入れない」と、トランプ相場にうんざり。明治大が一橋大を抜いて2位に浮上した。國學院大学は体調を崩して今週は取引を見合わせた。

  • 明治大学の勢いがスゴイ!
    明治大学の勢いがスゴイ!

トランプ米大統領の「関税圧力」、効果は甚だ疑問(早稲田大)

5月31日(金)

   前週のドル円相場は週半ばまでドル攻勢の相場が続いていたが、その後に急落。円高相場へと転換していった。

   今週の注目イベントは、何と言ってもトランプ米大統領の訪日だ。対中貿易交渉、もしくは対日貿易赤字について、なにかしら強く言及するようなことがあれば、ドル円相場はすぐさま反応すると考えていた。

   ただ、就職活動で忙しく、なかなかそういった要人の発言をリアルタイムで追うのは難しいと考えて今週も取引を見送った。

   そうしたなか、予想に反して前週に比べてドル円相場は大きな動きを見せてなかったが、週後半に差しかかったところで、雲行きが変わった。今回も毎度のようにトランプ米大統領のツイッターが発端。けさ、6月10日をもってメキシコからアメリカに輸入されているすべての商品に対して一律5%の関税を課すと表明し、そのうえメキシコからの不法移民問題が解決するまで関税をさらに引き上げていくと述べた。

   これを受けて、緩やかな上昇に転じていたドル円相場は急降下。現在15時時点では、1ドル=109円を割り込み108.93円にある。トランプの諸外国に対する関税圧力をかける様はなりふりかまわないように見えるが、果たしてそれが米国経済自体に利するかどうか、甚だ疑問である。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
5月31日現在         8282円

読み的中の「売り」仕掛けで大幅プラス(明治大)

   今週は1ドル=109円を割るかが勝負で、跳ね返せば「買い」。割れれば、「売って」いく。

5月28日(火)
戻り売り目線で1ドル=109.58円で売り、1ドル=109.31円で決済した。

5月29日(水)
少し攻めて1ドル=109.240で買ったものの、あまり上がらず大局的には「売り」なので、1ドル=109.390で売った。

5月30日(木)
1ドル=109.54で売り、一度110円に近づいたので、まさかとも思ったが損切りラインが110.02円なのもあり、下がってきたので持ち続けた。

5月31日(金)
きのうから下がってきたところで一度1ドル=109.06円で、利益を確定した。
1ドル=110円を割り、反発する傾向もないので1ドル=108.75で再び売りポジションを持った。どこで跳ね返すのかわからなかったため、朝方まで見ていたが1ドル=108.40円あたりで動きが鈍くなったので、ここで利益を確定。来週まで持ち越すのはイヤだったからだ。

   読みが的中したので、今週は前週に引き続き、大きく利益を出すことができた。おそらくは1月の108円あたりがサポートラインになると思うが、そこで跳ね返してくれると思いながらも、もし割るとなるとまったく予想がつかない動きになるので、割った場合にポジションを持つ際には注意したい。

前週からの損益   プラス1250円
5月31日現在     1万9574円

チャートとにらめっこでガッチリ!(慶應大)

5月29日(水)
週明けからだいぶ時間が経ってしまったので、ラインを引いてチャートを改めて見つめ直してみたところ、5月24日から値幅40pips(値幅の最少単位を「100分の1」で 表す。たとえば、米ドル/円では「1pips=1銭」)ほどの平行チャネルが形成されており、現状が天井圏にあると判断。1ドル=109.540辺りに「売り」指値を段階的に2つ設定し、損切りを109.600円手前において就寝した。

5月30日(木)
翌朝おきて確認してみると、昨夜に設定しておいた「売り」ポジションが損切りされていた。その後、一たんチャネルライン(トレンドラインと並行するライン)際までの戻りを見て75EMA(相場のトレンドを表しているとされる指標)での反発から上昇トレンドの発生を確認して「買い」エントリーした後、前回反発した高値付近で決済した。

   夜に金価格の上昇からリスクオフへの視線の転換と考え、前日までの平行チャネルの値幅を地層のずれのように上に重ね、1ドル=109.930円付近での売り指値を2つほど段階的に設定。そして、引いた平行チャネルの底値圏辺りで決済した。
他にも反発狙いでエントリーしたが、うまく噛み合わなかった取引もあり、きょうの取引は334円の利益。

5月31日(金)
1ドル=109.00円に迫り、ロウソク足の形を確信したところ下抜けの勢いが強いのを感じ109円ブレイク狙いの「売り」ポジションをもった。その後、109.00円をブレイクしたのを確認し、相場を見る時間がなかったためすぐに決済してポジションを閉じた。
きょうの利益は178円。

前週からの損益  プラス512円
5月31日現在      9110円

1ドル=110円に突入するまで待機(一橋大)

5月27日(月)
今週は30日(木)に米国1~3月GDP(国内総生産)の発表があるぐらいか。ここから上に行くのか下に行くのか、わかりづらい状態なので慎重にいきたい。

5月28日(火)
きょうは一時1ドル=109.2円まで下げたが、その後値を戻し、値は平行線のまま。

5月29日(水)
きょうは米ニューヨーク株式市場でダウ平均株価がガッツリ下げたが、ドル円への影響はなし。110円台へと戻っていくのか。それとも108円台か。追加材料がないと判断がつかないが、明日のGDP発表でもそこまでの強い材料が出るかどうか......。

5月30日(木)
きょうは緩やかに上昇。発表されたGDPは予想とほぼ同じだったが、少しずつ動き始めたか? とりあえず1ドル=110円に突入するまで待機して、入れば買いを入れる。

5月31日(金)
トランプ米大統領によるメキシコへの関税強化発言で一気に109円台をたたき切った。以前も書いたが、たとえ大統領とはいえ、たった一人の発言が一瞬にして市場を混乱させる最近の動向にはウンザリしている。
きのうまでは110円台への突入と書いていたが、これで来週からの動きがまた読めなくなってしまった。取引したいが、怖くて入れない。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
5月31日現在       1万5249円

体調を崩しました(國學院大)

   体調がすぐれず、今週は取引を見送りました。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
5月31日現在       3万1290円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中