2019年 10月 23日 (水)

「やりたくても時間がない!」 副業しているエンジニアはたった6.6%

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「副業元年」といわれた2018年から1年。先日6月3日には、みずほフィナンシャルグループが19年度中に副業・兼業を解禁する方針を明らかにするなど、社員に副業を認める会社は増えている。そうした中で、手に職があるエンジニアは副業をはじめやすいイメージがあるが、実態はそうでもないらしい。

   人材派遣のパーソルテクノロジースタッフが、エンジニアと非エンジニアで「副業」の取り組みに違いがあるかどうかを調査したところ、エンジニアのほうが非エンジニアよりも副業をしている人が少ないことがわかった。2019年6月5日の発表。

  • エンジニアは「副業したいけど、時間がない」!
    エンジニアは「副業したいけど、時間がない」!

「時間的に余裕がある」エンジニアはわずか6%

   働き方改革の一環で、多くの企業で副業の解禁が話題になるなか、エンジニアの副業は、非エンジニアより進んでいない。「副業をしている」と答えたエンジニアは6.6%。「副業準備中」は6.9%。「副業していないが興味はある」と答えたエンジニアは42.8%だった。

   一方、非エンジニアは11.0%が「副業をしている」。エンジニアより5ポイントも高かった。また、6.0%が「副業準備中」で、「副業していないが興味はある」は41.0%だった。

   エンジニア、非エンジニアを問わず、副業をする理由は「収入を増やしたい」「将来の不安」「趣味の延長」が多かったが、エンジニアと非エンジニアで差が出たのは、「本業と違う世界の楽しみややりがいを感じたいから」と「時間に余裕があるから」の2項目。非エンジニアが「本業以外でのやりがいを副業に求める」(28%)のに対して、エンジニアのそれは20%と、本業を生かした副業を考えているようだ。

   また、非エンジニアの21%が「時間的に余裕がある」と答えたのに対して、エンジニアはわずか6%。じつに15ポイントもの開きがあり、多くのエンジニアが副業をやりたくても時間がない様子がうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中