2019年 11月 20日 (水)

AI・IT系、じつは不人気 「志望しない」大学生が75.4% そのワケは?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「AI(人工知能)推進社会」が進むにつれ、それに関わるIT技術者はもっと必要になるはず。ところが、AI・IT関連の職種を「志望しない」大学生が全体の75.4%にものぼることが、マイナビの調査でわかった。2019年6月12日の発表。来春卒業見込みの大学生を対象に聞いた。

   職種との関連性が高い理系男子で67.1%、理系女子は81.0%が「志望しない」という。

  • AI推進社会なのに、学生には不人気!?
    AI推進社会なのに、学生には不人気!?

求められるスキルが「わからない」

   調査によると、大学生に「志望するAI・IT関連の職種があるか」聞いたところ、「志望しない」と答えた学生が全体の75.4%にのぼった。文理男女別にみると、文系男子は72.7%、文系女子の82.4%に対し、得意分野であるはずの理系でも男子67.1%、女子で81.0%が「志望しない」と答えた。

   そこで、「AI・IT関連職種を志望するうえで困難に感じること」を聞いてみると、「どの程度プログラミングスキルを求められるのか、基準がわからない」と答えた学生が61.1%で最も高かった。

   次いで「選考でみられるポイントがわからない」の25.5%、「必要とされる能力がわからない」の24.4%と続いた。採用する企業側は、学生のこうした疑問に答えられるよう、具体的な業務内容や必要とされるスキルなどを明確に示す必要がある。

   一方、「志望する」とした学生の中で、最も高かった職種は、システムエンジニアの12.9%。次にプログラマーの7.8%、ITコンサルタントが6.5%、ネットワークエンジニアの4.7%と続いた。

   昨今注目を集める「データサイエンティスト」はわずか3.3%で、企業側のニーズと学生の志望度に大きな違いがあることが明らかになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中