2019年 12月 16日 (月)

【尾藤克之のオススメ】「happy money」! あなたにとってお金とはなんですか?(気になるビジネス本)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日本でヒットして世界中で読まれている本はたくさんあります。しかし、すべて翻訳本で、日本で人気が出て翻訳されて読まれるようになったものです。

   最近、米国で話題になっている本があります。「happy money」(米国サイモン&シュスター社)。著者は、作家の本田健さん。日本人の著書で最初に英語で書き下ろされた作品は、新渡戸稲造の「武士道(BUSHIDO, THE SOUL OF JAPAN)」以来になります。

   2019年6月13日発表のUSA TODAY Best-Selling Books(米国ベストセラー)の75位にランクイン。これが全米ランキングであることから、注目を浴びています。

  • オレゴン州ポートランドのKATU-TV出演時の本田健氏
    オレゴン州ポートランドのKATU-TV出演時の本田健氏

消費のためにお金を得ることは幸せなの?

   私は書店によく行きます。そこで最近気づいたことがあります。それは、「金儲け」の本が多いこと。本のタイトルを見ると、よくわかります。しかし、本のとおりに実践しても金儲けはできません。

   世の中には、幸せを「物質的な豊かさ」と考えている人がいます。物質はお金で交換することができます。ところが、物質はお金で買っているわけではありません。お金を得るために使った「時間」で買っているからです。

   もし、物質の支払いのために働いているのなら、それは幸せとはいえません。「時間」とはあなたの人生のこと。必要以上の消費を求めるためにお金を得ることは、幸せなのでしょうか。本田健さんは、次のように解説します。

「『もうちょっと頑張って、もうちょっと賢く働きさえすれば、状況を変えられる、いいこともあるよ』。だから、気を取り直して、『もう少し頑張ろう!』と、自分に言い聞かせるのです。あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか」

   そして一方で、このようなことも......。

「あなたも『一生懸命働けば、お金はついてくる』という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。ですが、ちょっと言わせてください。あなたはもう、体験的に知っているのではないでしょうか。あなたよりもお金持ち、あるいは裕福そうに見える人たちが、あなたよりも頑張って働いているわけではないということを」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中