2019年 7月 18日 (木)

「第二のなおみ」は15歳!「天井知らずの天才少女」にウィンブルドン騒然(井津川倫子)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   まさに、「ウィンブルドン・センセーション」。テニスの4大大会の一つ、英国ウィンブルドン選手権が、史上稀にみるセンセーショナルな「番狂わせ」で幕を開けました!

   女子シングルスで、元世界ランキング1位の大坂なおみ選手とヴィーナス・ウィリアムズ選手が揃って初戦敗退。世界女王への返り咲きを狙った大坂選手が1回戦で姿を消すなか、彗星のごとく現れた15歳の天才少女に、世界中の目が釘付けになっています。

  • 女子テニス界に、スゴイ15歳が現れた!(写真はイメージ)
    女子テニス界に、スゴイ15歳が現れた!(写真はイメージ)

恐るべし15歳に世界中が「ガーン!」

   英ウィンブルドンで開幕したテニスのウィンブルドン選手権に、世間が騒然となっています。女子シングルスでは第2シードの大坂なおみ選手が1回戦で、まさかのストレート負け。2019年1月に全豪オープンを制して以来、優勝から遠ざかっている大坂選手は「ストレスとプレッシャー」に苦しんでいると報じられました。

   そんななか、彗星のごとく現れたのが、たった15歳のコリ・ガウフ選手(米国)です。予選から勝ち上がってきたガウフ選手は、元世界女王のヴィーナス・ウィリアムズ選手になんと、ストレート勝ち! ヴィーナス・ウィリアムズ選手がウィンブルドンの1回戦で敗退するのは1997年以来というから驚きです。

   世界中のメディアがこぞって、世紀の番狂わせをセンセーショナルに報じました。

Cori Gauff, 15, beats Venus Williams in huge upset
(15歳のコリ・ガウフがヴィーナス・ウィリアムズを大番狂わせで破った)

in huge upset:大番狂わせで

15-year-old beats Venus Williams to make Wimbledon history
(15歳がヴィーナス・ウィリアムズを破って、ウィンブルドンの歴史をつくった)

Fifteen-year-old Cori Gauff stunned the tennis world
(15歳のコリ・ガウフが、テニス界を唖然とさせた)

stun:気絶させる、唖然とさせる

   「stun」は、頭を打って気絶させたり、驚きで唖然とさせたり、という意味の動詞です。いかにも「ガーン!」という衝撃音が聞こえてきそうな見出しですね。

   さて、このコリ・ガウフ選手。お父さんがバスケットボール選手、お母さんが体操選手というスポーツ一家で育ち、米国では早くから注目をされていました。今回の「大番狂わせ」も「想定どおり」とする報道があるほど。「ガウフ選手が2020年までに世界女王にならないことのほうが驚きだ」という声も聞こえてきますから、10代の世界女王の誕生も夢ではなさそうです。

ヴィーナス・ウィリアムズが「天井知らずの才能」と絶賛!

   15歳の新星・コリ・ガウフ選手は、大坂なおみ選手にとっては強力なライバルの出現でしょう。20歳で全米選手権を制して、「テニス界のニューヒロイン」となった大坂なおみ選手がベテランに見えてしまうほど、若き15歳は怖いもの知らずの勢いです。

   ウィンブルドンの1回戦でストレート負けを期したヴィーナス・ウィリアムズ選手も、試合後のインタビューでガウフ選手の将来について次のように語っています。

"I think the sky's the limit, it really is"
(彼女の才能は「天井知らず」、本当にそうよ)

the sky is the limit:天井知らず、無限、限界が無い

   「the sky's the limit」は、直訳すると「sky」(空)が「limit」(限界)で、「限界がない、上限がない、天井知らず」という意味の慣用句です。空には限界がありませんから、実質的には「限界がない」ということです。おもしろい表現ですね。

   それでは、さっそくですが、「今週のニュースな英語」はこの「the sky's the limit」を取り上げます。いろんな場面で使える便利な表現です。

   まずは、他人を励ます時に使ってみましょう。

The sky is the limit.
(可能性は無限だよ)

Good luck! The sky is the limit.
(幸運を祈る。君に限界はないよ)

   金額的に制限がない、という意味でも使います。たとえば、レストランで食事をごちそうする時やプレゼントを買ってあげる時は、こんな使い方をします。

Order what you want. The sky's the limit.
(好きなものを何でも注文していいよ。制限はなしだから)

Choose any present you like. The sky's the limit."
(なんでも好きなプレゼントを選んでいいよ。 どれだけ高価でもかまわない)

   7月のロンドンは一年で一番いい季節です。ウィンブルドンに広がる青空のように、15歳の新星の未来は限りなく広がっていくのでしょうか。また一つ、スポーツ界に楽しみが増えました。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中