2019年 8月 20日 (火)

迷惑客は「神様じゃなく犯罪者」 サービス業労組がオモシロ啓発動画公開

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「カスハラ」という言葉をご存じだろうか。「カスタマー(顧客)ハラスメント」の略称で、暴言や土下座の強要など、客からの悪質クレームや迷惑行為をいう。サービス業で働く人は7割以上が、「カスハラ」の被害を受けているという調査もある。

   悪質クレームの中には、犯罪行為に当たるものもある。そこで、断固たる姿勢を示すため、サービス業の労働組合が多く加盟するUAゼンセンは2019年6月末、「悪質クレーム対策★『悪質クレームを、許さない』by UAゼンセン

という動画を制作、YouTubeで公開した。

  • 「なんだ、これは!」と激高するクレーマー(動画より)クレーマー
    「なんだ、これは!」と激高するクレーマー(動画より)クレーマー

「お会計は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金」

   とあるスーパー。「ガーン!」とカウンターを叩く音が店内に鳴り響く。

「いったい、どうなってんだ、この店は!」

   中年の男がいきなりレジ係の女性を怒鳴りつける。

「まずは土下座だろうが。ふざけんな! 10万出せ、ネットに書くぞ!」

   恐怖ですくみ上る女性店員。オトコは女性の顔に物を投げつけ、さらに怒鳴り散らす。凍りつく店内。目をそらし、眉をひそめる客たち。幼児が泣き出しそうになり、母親が抱きかかえる。

   そこへ毅然とした態度で別の女性店員が男の前に現れる。

「お客様、お会計はこちらになります」

   レジをチーンと叩くと、テロップが流れる。

「強要罪。」

「威力業務妨害罪。」

   強要罪とは、土下座を無理強いした行為だ。威力業務妨害罪とは、大声と物を叩く威嚇により、店員の仕事を妨げた行為だ。

   そして、レジの清算画面に次の「金額」が浮かび上がる。

「3年以下の懲役 または50万円以下の罰金」

   動揺して目をキョロキョロさせる男。その顔にテロップが流れる。

「そのクレームは、もはや犯罪かもしれない。」

   全部で30秒の短いストーリーだが、ヒール役のクレーマー男の迫力ある演技、毅然とした女性店員のクールな対応、そして憎々しい男がギャフンとなるエンディング。スリルとユーモアあふれる動画に仕上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中