2019年 11月 15日 (金)

ビットコイン熱に冷や水 FB「リプラ」報道にも冷静「投資家心理が変化」と早大の読み(カソツー大学対抗戦)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ビットコイン(BTC)は一時、BTC=140万円を突破。しかし、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が、フェイスブック(FB)の仮想通貨「リプラ」への懸念を示したことや、議会証言後に利下げ観測が強まり、米国の長期金利の低下やドル安の進行などで急落。前週からは約1%下落した。BTCの上昇に、冷や水を浴びせた。

   イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインも軒並み下落した。そうしたなか、早稲田大学のTKHは投資家心理を読み解き、じっくり構える。明治大学のホフマンは多忙のため、今週も取引はお休み。慶応義塾大学の馬医金満は、「わかりづらい」仮想通貨市場の「底」を探してポジションをとれず。國學院大学の億トレーダーは、過去の躓きを教訓にリップル(XRP)を積極トレード。損失を抑えることに成功した。

  • リップル、安定せず……
    リップル、安定せず……

潮目変わった? トランプ発言に投資家冷静(早稲田大)

7月12日(金)

   今週の仮想通貨市場の動きとしては未だ下げ圧力に耐え続けており、自分が思っていたところより上の水準で相場がキープできているなと感じた。先週末5日にこれから上下にふれつつも1BTC=100万円ほどに収束していくのではないかと予想したが現時点ではありがたいことに予想は外れて相場がまだ上昇余地を模索しているような動向を見せていている状態だ。

   おととい、きのうにかけては再度1BTC=140万円もの水準に到達しておりこれからの上昇可能性を感じてしまう。ただ、自分の考えとしてはあくまでも1BTC=100万円のラインまで一度は反発下げると考えており、その水準に達するまでは下手に買い増しに走らずに市場を引き続き注視していく考えだ。

   一方で個人的に仮想通貨市場にとって追い風と見ることのできるようなニュースがあった。きのう、トランプ米大統領がツイッターで仮想通貨およびフェイスブックが開発した「リブラ」に対して非常に強い言葉で批判した。これをリアルタイムで見たとき、市場はかなり下げるのではないと不安に駆られたが、実際はほとんど反応せずに一定のレベルを保っていた。

   もしかしたら、従来と比べて仮想通貨投資家の質も変わり一国の要人の発言に右往左往しないメンタルを持つ投資家が増えたかもしれない。

保有する通貨     BTC、XRP
前週からの損益   プラス160円
7月12日現在     1万3660円

多忙のため、取引は見送った(明治大)

保有する通貨          BTC
前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
7月12日現在      2万9598円

仮想通貨の「底」どこかわかりづらい(慶応義塾大)

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。
今週はさまざまな通貨の価格が下落しました。
理由としてはパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言が大きいと考えられています。FRBのパウエル議長は10日、米議会での証言で「リブラはプライバシー、マネーロンダリング、消費者保護、金融の安定性に関して多くの深刻な懸念を提起している」と発言し、フェイスブックが開発を進めている仮想通貨のリブラに関して懸念を示しました。

   これによって、さまざまな仮想通貨で売りが殺到。1週間で10%以上価格が下落しました。
やはりFRB議長の発言のインパクトは計り知れないですね......。以前にも議長の発言によって相場が荒れたことがあったので、これからも最優先にチェックしていきたいと思います。さて、今週ですが、今週も価格が乱高下して読みづらかったため、特段取引していません。
ビットコイン(BTC)自体の価格は前週に比べると1%の下落にとどまっていたので、トータルではマイナス39円の2万4047円となっています。

   仮想通貨は底がどこにあるのかわかりづらいので、どこからポジションを取ればいいのかわからずにちょっと困っています。現状ではあんまりテクニカル向きじゃないのかもしれませんね。
では、また来週!

保有する通貨       BTC、XRP
前週からの損益     マイナス39円
7月12日現在      2万4047円

積極的な売買で損失抑えることに成功(國學院大)

   今週の仮想通貨市場は下落した。特に、保有するリップル(XRP)は7月9日(火)の高値1XRP=約44.4円から12日(金)安値の1XRP=約34.8円と、大幅な下落をみせて、焦った。
正直、長期的な視点で見れば、今回の下落は絶好の買い場であると考えるので、すでに保有している私も長い目で見て待てば爆益を予想することができる。とはいえ、上がるタイミングを見計らって売ることを考えれば、今回の下落は残念である。

   今週は久々に取引をした。まずは7月11日(木)夜に1XRP=約39円で、保有分をすべて売却した。理由は、この下落がどこまで行くかわからなかったのと、カソツー大学対抗戦を始めた当初に損切りせずにいて知らぬ間にブッチギリの最下位になっていたことを踏まえた。ラッキーなことに、XRPは翌日に下落して1XRP=36円台になったのでウハウハだった。
そして再び、1XRP=36円で全力買い! その日に1XRP=37.45円になったので利益を確定した。

   今週はXRP相場が大きく下落して資産を失ったものの、損切りや全力買い、全力売りを繰り返したおかげで、損失を抑えることができたのでよかった!
来週あたり、買い直して、今月中に1XRP=50円台になってくれることを願いたい!

保有する通貨          なし
前週からの損益  マイナス185円
7月12日現在      9437円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中