2019年 12月 9日 (月)

「公務員を辞めたい」突然、そう言った33歳夫 妻が出した条件は!?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   はじめまして。ひろこです!
わたしは14年間勤めた銀行を退職して、現在は元公務員の夫が立ち上げた資産運用ブログ「akilog」を夫婦で運営しています。今回は、夫あっきんの話をします。

  • 「公務員を辞めたい」夫は突然、そう言った。
    「公務員を辞めたい」夫は突然、そう言った。

「私の親に何て言うの? 」

   3年前の3月初旬。
子供たちが寝たあとのリビング。
突然、夫が「俺、公務員辞めようと思ってんねんけどいいかなあ?」と言ってきた。
目が点...... どころではなく、目ん玉が飛び出しそうなくらいのビックリ。
とにかく、まずは猛反対。
6歳と2歳の子供がいて、これから教育費もどんどんかかってくる。
フルタイムで働いているとはいえ、わたし一人の収入ではとても不安だった。

   なんとか思いとどまってくれるように必死に説得を試みる。
けれど、なかなか夫は折れない。そこで最終手段。

「私の親に何て言うの? 」

   やった。キマッた...... これで諦めてくれるだろうと思っていた。
でも、「家族全員に納得してもらえるまで説明する」と夫。
かなり意思が固いということがわかった。

   7年間の夫婦生活で夫の性格はよく知っている。
こうと決めたらテコでも動かない。
自分の考えを曲げるなんて、みじんも考えていない人だ。
今回説得できたとしても、また数か月後にも同じ話し合いをしているかもしれない。
結局、同じことの繰り返しになる。

「3年で5000万円貯めてよね」

   そこで私は考え方を変えることにした。
幸いにも私が働いていた銀行は、男女の給与差はない。女性でも頑張ればそれなりの収入を得ることができる。もともと共働きで頑張るつもりだったし、このまま働いて私が大黒柱になればよいと覚悟を決めた。
そのうえで、夫には条件を出すことにした。

「辞めてもいいよ。でも条件がある。3年で5000万円貯めてね。それができなかったら、もう一度公務員の中途採用試験を受ける約束をして。」

   3年で5000万円。かなり無謀な金額を提示した。
これで諦めるのか、それとも条件を飲むのか......。
夫の覚悟もこれでわかる。

「わかった。3年だけ時間をちょうだい」

   そこまで言うなら仕方がない。深夜まで続いた話し合いはようやく終わった。
そして、その年の3月末で夫は公務員を辞めた。

   4月。私の職場では家族の環境が変われば、報告しなければならない。
上司に「3月で主人が仕事を辞めました」と伝えた。
オカタイ銀行の上司。第一声は、「は?」だった。
そして住宅ローンはどうするのか、子供の教育費はどうするのかと質問攻めに。
当時の上司が、私を憐れむような目をして見ていたことは忘れられない。

   男はサラリーマンとして会社で定年まで働いて一家を守るのが当たり前、という考え方の人にはまったく理解ができなかったんだと思う。
同僚の男性行員が結婚して、奥さんが仕事を辞めると言っても何も言わないのに。
男性、女性のどちらが働いても、別にいいんじゃないの?

「3月で主人が仕事を辞めました......」
「3月で主人が仕事を辞めました......」

   とは言っても、上司の反応は想定の範囲内。
古い体質の職場に理解してもらおうなんて期待はしていなかった。
仕事を辞めてしまった以上は前に進むしかない!
周りからなんと言われようが、私は必死で働くしかなかった。

「3年で5000万円貯めることができなかったら、もう一度公務員に戻る」

   かなり厳しい条件を出したけれど、夫にまた公務員に戻って欲しいとは、なぜか思わなかった。
なんとかしてこの条件をクリアしてくるんじゃないかと不思議と感じていた。
おそらく収入だけでこの金額を貯めることはかなり難しい。
でも、お金は「運用」で増やすことができる。
「akiog」の原点は、夫が私の出した条件をどうやったらクリアできるかを真剣に考えて、その過程をブログとして公開していくことから始まったのだ。

   2年後。夫は前倒しで条件をクリア。私も晴れて銀行を退職。
銀行でずっと働くと思っていた人生がこんなに変わるとは想像もしてなかった。
今はあのときの夫の決断に感謝している。(ひろこ)

あっきん&ひろこに、聞いてみたいことを大募集!

お金のことってなかなか人に相談できないよね。 みんな、お金のことってどう考えてるの? 投資って、難しいでしょ? 自分のやってる貯蓄術や運用術って一般的なの? ふだんの生活、節約、育児や教育のお金のお悩み...... なんでもOK!の質問箱をご用意しました。あっきん&ひろこが、 あなたのお金にまつわるお悩みにお答します。
※ なお、いただいたご質問については、 記事にてご回答いたしますので、ご了承ください。 もちろん、秘密は厳守します。どんどん、お寄せください。

あっきん
あっきん(@_akkin_nara
投資家、ブロガー(元公務員)
23歳から、外国為替証拠金(FX)取引をはじめる。トレーダー歴は13年。2016年3月末、子育てと仕事を両立するために11年勤めた某県庁を早期退 職。その後、資産運用ブログ「akilog」をスタート。運用方法をすべてブログで公開する、「リアル」なトレードが評判を呼んでいる。
FX自動売買「トラリピ」(マネースクエア)と、仮想通貨がメイン。
奈良在住。金沢出身、36歳。
資産運用ブログ「akilog」https://akilog.jp/
kaisha_20190717144836.png
ひろこ(@hiroko_akilog
投資家、ブロガー、FP(元銀行員)
あっきん嫁。2児の母。銀行で投信の販売営業を14年続け、2018年3月末、早期退職。リーマンショックでの投資経験を活かした『長く投資を続ける秘 訣』をブログやSNSで発信中。女性の「そうそう!」「あるある!」を盛り込み、わかりやすく解説する。自分の感性を頼りに生きるタイプ。
投信、株価指数、FX、仮想通貨など幅広く運用中。テクニカル分析を楽しく勉強中。
奈良在住。奈良出身、アラフォー。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中