2021年 3月 4日 (木)

精神科医が警鐘! あなたの「インプット」、仕事にちゃんと活かせている?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

インプットは「質」を追求すべきだ

   ビジネスパーソンを中心に、アウトプットの重要性が浸透しつつあります。しかし、それは有益なインプットがあって初めて実現できるものです。インプットとアウトプットは表裏一体の関係にあり、インプットが脆弱ではアウトプットの「質」は期待できません。

   私たちは、日々大量の情報に接しています。しかし、情報の取捨選択が苦手な人のなかには、

「得た情報を活用できていない」
「読んだ本の内容が思い出せない」
「仕事や実生活に変化が起こらない」

と悩んでいる人が少なくありません。

   日本一アウトプットする精神科医は、短い時間で何をどのように学ぶのか。本書では、多くの読者から寄せられたこの問いに対し、読書法・学習法・記憶術・会話術・情報収集など、脳科学に裏付けられた多くのインプット術が紹介されています。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中