2020年 9月 23日 (水)

信念なき政治家? EU離脱強硬派、英「ボリス」新首相はこんな人(小田切尚登)

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

王室、政治家、アーティスト...... 多種多様な「血」を引く

   ボリス・ジョンソンは、英ロンドンの知的エリートの家庭に育った。父親は外交官から欧州議会議員となった人物で、その先祖にはオスマン・トルコの政治家アリ・ケマルや、英国王ジョージ2世などがいる。画家の母はロシア系ユダヤ人の血筋であり、彼女の父親は大物弁護士である。つまり、ボリスは王室、政治家、アーティスト、キリスト教、ユダヤ、イスラムなど多種多様な血を引いているということだ。

   また、彼はフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ラテン語に堪能である。

   ボリスはパブリック・スクール(私立中等学校)の名門イートン校を経てオックスフォード大学で古典を学んだ。大学在学中にオックスフォード・ユニオンのプレジデントになった。200年近い歴史を持つこのディベート・サークルのプレジデントというのは歴史に名を残す名誉である。

   オックスフォード大では、悪名高いブリンドン・クラブにも所属した。これは男子学生による秘密組織で、豪勢な飲食をしたりするのだが、その後レストランの食器を壊したりするといった狼藉で特に知られる。

   ボリスは2年下のデービッド・キャメロン(元イギリス首相)らと共にこのメンバーだった。キャメロンはこれを恥ずかしい過去として消し去ろうとしているが、ボリスは気にしていない風である。

   オックスフォード大学卒業というのは英国首相としては当然ともいえる学歴である。英国をはじめとする多くのヨーロッパ諸国では子供が10代の前半くらいで知的な職業につくかどうかの選択を迫られ、その後は大学に進学するエリートと労働者階級とは断絶することになる。

小田切 尚登(おだぎり・なおと)
小田切 尚登(おだぎり・なおと)
経済アナリスト
東京大学法学部卒業。バンク・オブ・アメリカ、BNPパリバなど大手外資系金融機関4社で勤務した後に独立。現在、明治大学大学院兼任講師(担当は金融論とコミュニケーション)。ハーン銀行(モンゴル)独立取締役。経済誌に定期的に寄稿するほか、CNBCやBloombergTVなどの海外メディアへの出演も多数。音楽スペースのシンフォニー・サロン(門前仲町)を主宰し、ピアニストとしても活躍する。1957年生まれ、60歳。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中