2019年 8月 19日 (月)

「サブスク3.0」 デジタル化に乗り遅れた「遺産コンテンツ」にまで波及しはじめたぞ!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   この欄で少し前に「サブスクリプション2.0 衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル」(日経クロストレンド)を紹介したが、それより少しあとの刊行である本書「サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ」(KADOKAWA)によれば、現代の「サブスク」のバージョンはもう「3.0」にアップデートされているらしい。

   最新バージョンでは、デジタル化の初めのころにトレンドから置き去りにされたアナログ頼みのモノやサービスが、ITあるいはICTの進化で時代にキャッチアップ。単品売り切りの「アラカルト」から、継続サービスのサブスクにビジネスモデルを替えて息を吹き返している。

「サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ」(雨宮寛二著)KADOKAWA
  • 「KINTO(キント)」と名付けた自動車のサブスクサービスをスタートさせたトヨタ自動車。国内の自動車メーカーとしては初めての取り組みだ
    「KINTO(キント)」と名付けた自動車のサブスクサービスをスタートさせたトヨタ自動車。国内の自動車メーカーとしては初めての取り組みだ

アラカルトからリカーリングに

   「サブスクリプション」は、もともとは新聞や雑誌などの「購読予約」のこと。広くは「利用する期間に応じて料金を払うシステム」であり、牛乳の定期宅配、公共料金、固定電話などが含まれ、近年では携帯電話や有料テレビ放送などもサブスクのサービスに数えられる。これら従来型のものは「レガシー・サブスク」と呼ばれるなど、遺産的存在だ。

   事業者にとってサブスクは、継続的に収益をもたらす「リカーリング」モデルのビジネスであり、売り切りのワンショット販売(アラカルト)から転換することで、財務的な安定基盤をもたらすことになる。新聞や雑誌を、毎日、あるいは毎週、毎月買ってもらえるとは限らないが、定期購読なら、その都度の売れ具合を心配する必要がない。

「購入・所有」から「利用」に転化

   ITやICTが進化し、「終活」や「ミニマリスト」が人生や生活のキーワード化。消費者の志向は「購入・所有」から、便利になったネットを使っての「利用」と転じているという。

   本書によれば、この「利用」志向は「モノの所有に価値を感じなくなっている」ミレニアル世代以降の若者に顕著。少子高齢化が進むなかで「終活」に追い立てられモノの処分を進める世代も「利用」志向を強めているに違いない、という。

   新聞や雑誌などのレガシー・サブスクからスタートしたサブスク。インターネットの登場後の最初の段階では、映像や音楽ストリーミングなどの「サブスク・コマース」への道を切り開いた。CDやビデオ・DVDの購入・所有から利用への志向変化に応えたものだ。

   デジタルと親和性が高い映像や音楽はいち早く「サブスク・コマース」化されたが、ITやICTの進化で、当初はデジタル化のトレンドからは蚊帳の外だった雑誌が、読み放題サービスにより、コンテンツ業界のなかで新しい流れになろうとしている。

   なかでもNTTドコモによる「dマガジン」は、電子雑誌分野でサブスクをいち早く定着させたサービスという。

   こうして、サブスク展開は自動車から洋服、バッグやアクセサリー、映像・音楽から食品などまで、あらゆる分野に広がりつつある。

   加えて、サブスクは短期間に立て続けにバージョンアップ。利用者の習熟度がなかなか追いつかないので、日本生まれのサブスクの多くは、サブスクゼロであるレガシー・サブスクに近い「サブスク1.0」にとどまっているというが、海外生まれを中心に、AI(人工知能)などによるレコメンデーション(誘導)機能を備えた「3.0」もバリエーションは少なくなく利用者が増えているという。

kaisha_20190814190308.jpg

「サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ」
雨宮寛二著
KADOKAWA
税別860円

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中