2020年 12月 5日 (土)

【株と為替 今週のねらい目】株価3週連続の下落も自律反発は期待できるのか!?(8月19日~23日)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   米国で12年ぶりに「景気後退のシグナル」とされる、10年国債と2年国債の金利が逆転する「逆イールドカーブ」が発生して、米ニューヨーク株式市場のダウ平均株価は2019年8月14日に大きく下げた。これを受けて日経平均株価も下げたものの、2万円を割り込まず、底堅く推移した。米国経済の減速懸念が広がりやすいなか、米株式市場が落ち着いてくれば、日経平均株価も上向く機会が出てきそうだが......。

   米国経済が揺るがす、株式と外国為替。どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 円高ドル安、株価下落は止まるのか?
    円高ドル安、株価下落は止まるのか?
  • 円高ドル安、株価下落は止まるのか?

東京株式市場 上値が重い展開か

日経平均株価予想レンジ:2万円~2万800円

   2019年8月16日(金)終値 2万418円81銭

   今週の日経平均株価は、戻りを試す展開が期待されるものの、上値が重い展開となりそうだ。

   前週の日経平均株価は、3週連続の下げとなった。米中貿易摩擦に対する懸念や米国の長短金利の逆転が、世界経済の減速への警戒感につながり、米ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が大幅下落したことを受け、日経平均株価も下げ足を速めた。

   今週の日経平均株価は、3週連続の下落からの自律反発が期待できそうだが、強い買い材料もなく、上値も重い展開となりそうだ。

   米国の10年国債と2年国債の金利が逆転する「逆イールドカーブ」が12年分ぶりに発生した。逆イールドカーブは、「景気後退のシグナル」と言われていることから、米国を中心に世界景気の後退懸念が高まっていることも、日経平均株価の上値を重くしそうだ。国内企業の決算がほぼ出尽くしたことも、手がかり材料難につながっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中