2020年 6月 3日 (水)

【企業分析バトル】注目のユーチューバーの事務所「UUUM」 それだけじゃない成長力(國學院大学)

印刷

   多くの人が一度は聞いたことがあるユーチューバー、「はじめしゃちょー(hajime)」や「HikakinTV」が所属している、東証マザーズ上場の「UUUM株式会社」を選んだ。

   ショッピングサイト事業や、成長著しく「旬」なYoutuber(ユーチューバー)のマネジメント事業などを手がける。企業が夏の決算期を迎えていることで、今回は決算書を分析していきたいと考え、UUUMの「中身」をみた。

  • 人気のユーチューバーを抱えるUUUM株は「買い」なのか?
    人気のユーチューバーを抱えるUUUM株は「買い」なのか?
  • 人気のユーチューバーを抱えるUUUM株は「買い」なのか?

売り上げ構成の中身をみると......

【UUUM(3990)】
2019年7月31日現在、売買の判断が難しく購入は見合わせ
年初来高値(2019年2月14日)     6870円
年初来安値(2019年6月7日)      2780円
7月31日現在               5190円

   「UUUM」はユーチューバーの事務所ということもあって、その収入源にはグーグルからのアドセンス収益が、すぐ思い浮かぶかもしれない。しかし、実際に事業別売上高を確認すると、徐々に変化が起きていることがわかる。

   下図では、その変化を示した。

注:2019年5月期UUUMの決算資料から抜粋
    

   決算資料を見ると、グーグルからのアドセンス収益の伸びは、売上高の伸びと比べると、足元では若干鈍いように感じる。

   特に2019年5月期4Q(3月~5月期)は、グーグル・アドセンス以外の売り上げが、前年と比べて59%アップと非常に強い伸びをしている。これは、企業とのタイアップ案件が拡大していることや、人気ユーチューバーたちのグッズやイベントなどの売り上げの貢献が大きい。

   しかし、これら「アドセンス以外」の収益は、アドセンスの収益と比べると利益率が若干低い可能性がある。

   上図から、売上高は順調に推移していることがわかるが、その売上高の構成には、わずかながら変化が起きていた。

   その証拠に、アドセンス以外の収益が大きく伸びた2019年5月期の決算資料をみると、販管費が粗利益よりも伸びが大きいことがわかる=下表「4Q業績ハイライト」参照

                                            
動画再生回数は右肩上がり!
                    

   これは、所属するユーチューバー(クリエイター)のグッズやイベント、企業とのタイアップ企画による収益が、アドセンス収益よりも利益率が低いことを示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中