2020年 12月 5日 (土)

ドル売り加速、1ドル=105円台に 「ここが勝負」と明大、動く一橋大、じっくり構えた早慶(FX大学対抗戦)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ドル円相場は、週末に急落した。原因は、米中貿易戦争だ。2019年8月19日に1ドル=106円台半ばを付けていたドル円相場はその後も106円台でうろうろ。方向感の乏しい展開が続いていたが、23日は米国金利が上昇する中で、1ドル=106円73銭まで上昇。ところが、中国が米国に対して報復関税を発表することが伝わると106円台前半に。さらにトランプ米大統領が対中関税措置の強化を明らかにすると、ドル売りが加速。1ドル=105円台前半まで下落した。

   早稲田大学は「今の相場はイベント満載。チャンスはめぐってくる」と、じっくり構える。慶応義塾大学もここは様子見。一方、明治大学は「ここがチャンス」と、FRB(米連邦準備制度理事会)の動きを注視して、積極果敢に市場に挑む。一橋大学もガッチリ。國學院大学は、多忙のため取引できず。

  • ドル急落、1ドル=105円台に!
    ドル急落、1ドル=105円台に!
  • ドル急落、1ドル=105円台に!

「材料」は市場に転がっている(早稲田大)

   8月23日(金)
就職活動で、夏のインターンが本格化して、為替相場を見る機会といえば、朝に少しテレビで見かける程度だが、せめてこの1週間の連載を相場の知識をアップデートする好機ととらえて、今後も怠らず更新していきたい。

   今週のレンジ幅はおよそ0.5円と、最近のドル円市場の動向を踏まえてみると、落ち着いた推移といえるだろう。ファンダメンタル要因をみると、追い風要因となり得ないようなマイナス的な状況が山積していると考えられる。

   ドル円市場という目線に限っていえば、先行きが不明瞭な米中通商問題を抱えた米国、そして韓国との関係が未だかつてないほど悪化している日本と、ドル円取引を行ううえではアップトゥデイトで注視していかなければならない問題が、この二国を取り巻いている。

   ただ翻ってみると、それほど材料が市場に転がっており、ドル円市場のボラティリティが高まるということは、トレーダーにめぐってくるチャンスの数も増えるということだ。こういった状況下では、しっかりと戦略をもってレバレッジを制限しながら臨んでいくことが重要となる。現在、自主的にトレードを控えており、それゆえ多少、当事者意識が減退しようとも、今の相場はイベント満載で見ていてなかなか心躍るものがあるのは間違いない。

   今週はトレードなし。総資産は変わらずだ。

前週からの損益    プラス・マイナスゼロ
8月23日現在           5603円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中