2020年 10月 20日 (火)

会社の飲み会、4割がツライ!? 「楽しんだことがない」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

飲み会は計画的に!

   ほかにも、「月一回程度なら参加したい」が12%、「毎回楽しみ」が11%だった。飲み会は時間とお金がかかるだけでなく、飲みすぎは健康にも悪い。回数が多すぎるのは、さまざまな無駄やリスクが生じるが、月一回程度なら前向きに参加したいと考えている人が多いようだ。

   仕事中にはできない笑える話や、失敗談など、上司や部下の垣根を越えて、楽しい会話ができるのは、お酒の席ならではのメリットかもしれない。

   ただ、取引先との会食を除き、飲み会が多い会社や部署では、お酒好きな上司が先導して開いている場合がよくある。上司からすると、部下へのやさしさ、気遣いかもしれないが、それを喜んでいる人ばかりではない、という現状がみえた。

   「本当は飲み会に行くことに乗り気ではない」という本音を、上司に伝えることができない人がいないわけではない。こうした社員の気持ちをしっかりと汲み取ることも、マネジメントの一つだと考えられる。ベースメントアップスは、主催者は参加者のことを考えて、計画的に飲み会を設定することが望ましい、としている。

   なお、調査は2019年7月30日~8月6日、インターネットで123人の社会人を対象に実施した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中