2020年 11月 28日 (土)

「働き方改革」の旗手サイボウズ なぜ大ナタ振るい変身できたのか

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   取り組みが始まって4か月が経過した「働き方改革」。その議論が盛んになったころから、いよいよ実施という段になるのと前後して注目度が高まったのが、グループウエアなどのソフト開発を手掛けるサイボウズ(東京都中央区)だ。

   かつて人材流出が止まらず会社の存続が危ぶまれた事態に直面し、複業(副業)自由、残業なし、週3日勤務OKなど、個人の希望により働き方が選択できる、海外や地方在住で在宅勤務もOK――など、大胆な策を採り入れ立て直しに成功。2年前にはその経験をもとに「働き方改革」支援の事業を始め、講演や研修、コンサルティングの依頼が増え続けているという。

  • セミナーで講演するサイボウズ・チームワーク総研のシニアコンサルタント、なかむらアサミさん
    セミナーで講演するサイボウズ・チームワーク総研のシニアコンサルタント、なかむらアサミさん
  • セミナーで講演するサイボウズ・チームワーク総研のシニアコンサルタント、なかむらアサミさん

クラウドに転換 「kintone」を展開

   サイボウズは1997年創業。当時はウェブやIT系の技術が加速度的に普及しており、同社が開発した、組織内での情報共有やコミュケーション支援する「サイボウズ Office(オフィス)」も着々と導入する企業の数を増やした。

   2011年からはクラウドコンピューティングに「大きく舵を切り」針路変更。だれでも容易に業務アプリを作成できるクラウドサービス「kintone(キントーン)」を中心にソフトウエア事業を展開している。

   ウェブからクラウドへ、Officeからkintoneへ――と、ソフトウエア事業で転換が進む一方で、社内では、労務環境をめぐる改革が強力に推し進められ、その結果、世の中に先駆けて「働き方改革」を実現、ついには事業化にまで至った。

   そのサイボウズが2019年8月28日、東京・日本橋の本社でメディア向けに「サイボウズ働き方改革の最新動向レポート」と題したセミナーを開催。講演では、同の独特な取り組みなどが紹介された。

   同社は17年11月、新事業部として「チームワーク総研」を設立。グループウエアを扱うソフトウエア事業とともに「チームワークあふれる社会を創る」ことをビジョンに、チームワーク総研は研修、講演、コンサルティングなど「メソッド事業」を担う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中