2019年 9月 18日 (水)

【日韓経済戦争】武士の斬り捨て御免「無礼者!」発言に激昂? 韓国が河野氏を嫌い、茂木外相を望むワケ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   安倍晋三首相は2019年9月11日に内閣改造を行なうと発表しているが、韓国メディアのあいだでは、「韓国に無礼な態度を取り続けて日韓関係を悪化させた」として河野太郎外相の交代を期待する声が高まっている。

   「外相に茂木敏充経済産業担当相の起用が有力」などとする日本国内の観測記事を受けてのことだが、韓国紙の中には河野氏を「GSOMIA(ジーソミア、日韓軍事情報包括保護協定)破棄の元凶」とまで論評するところもある。

   河野氏はなぜそこまで韓国に嫌われているのか。また、茂木氏に期待するのはなぜか。韓国紙を読み解くと――。

  • 韓国メディアから嫌われている河野太郎外相(外務省Flickrから)
    韓国メディアから嫌われている河野太郎外相(外務省Flickrから)

国を代表する大使に「無礼者!」と怒鳴るのは言語道断

   韓国経済(2019年9月4日付)「『無礼な発言』河野外相の交代が有力......韓日関係の影響『触覚』」がこう伝えている。

「韓日葛藤が高まっている中で、韓国に無礼な発言を吐き出した河野太郎外相が内閣改造で交代されるものと見られる。毎日新聞など日本の主要メディアによると、河野外相が退いて茂木敏充経済再生担当相を起用する案が浮上している。日本メディアは安倍首相の周辺要人の発言を引用、『茂木氏が次の外相になるだろう』と伝えた。最近、合意を導き出した日米貿易交渉で、茂木氏が手腕を発揮したという点を安倍首相が高く評価しているという説明だ」

   河野氏が外相を交代させられるのはなぜか。韓国経済によると、理由はこうだ。

「政権3大柱である財務相、外相、官房長官の中で外相だけが交代の対象に取り上げられているのは、河野外相が韓日葛藤の過程で国内政治的立場だけを考慮して妄言を繰り返したためという指摘が多い。河野外相は7月、ナム・グァンピョ駐日韓国大使を招致した席で、ナム大使の話を遮って『(韓国が)極めて無礼だ』と強い口調で話した。当時、日本国内でも河野外相の発言が侍のように『上の人』が一般民である『下の人』に使う言葉を国際関係で使ったという批判が多かった」

   これは今年7月19日、韓国最高裁の徴用賠償判決を議論する仲裁委員会の開催に韓国政府が応じなかったことに、河野氏が強く抗議し、韓国大使を呼び出した際の言動を指す。「無礼だ!」という発言は、江戸時代に武士が庶民を斬り捨て御免の「無礼討ち」にした時に発する言葉だ。国家を代表する大使に怒鳴ったのは言語道断というわけだ。

   この「無礼発言」には、韓国中のメディアが激昂した。翌日の中央日報(7月20日付)「河野外相の『無礼』な主張に青瓦台はGSOMIAで対抗」は、こう伝える。

「青瓦台(大統領府)のキム・ヒョンジョン国家安保室第2次長は記者会見し、『河野外相がこの日、ナム大使を呼んで見せた態度こそが無礼だった。我々の同席者が日本側の態度の不適切性を指摘し、遺憾を表明した』と明らかにした。こうしたなか、青瓦台関係者はこの日、GSOMIAを対日カードとして活用する可能性をまた表した。キム次長は『GSOMIA協定を通じて日本と交換する情報を客観的な観点で調べた後、これに基づいて我々の利益に合う決定を下すだろう』と述べた。『輸出規制問題とGSOMIAが連係するということか』という記者の質問に対しても『好きに解釈すればよい』と語った」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中