2019年 10月 16日 (水)

円安ドル高1ドル108円を突破 トランプ発言を「読む」早大と一橋大、明大が大きな躓きに泣く(FX大学対抗戦)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ドル円相場は円安ドル高に動いた。2019年9月9日、日米貿易合意で米国のムニューシン財務長官の前向きな発言があったことなどで1ドル=107円を上抜けると、翌10 日には米中通商協議への期待感から、107円台半ばまで上昇した。12日には1ドル=108円を突破。一時、108円26銭まで上昇した。その後も底堅く推移している。

   早稲田大学は一転二転しているトランプ発言だが、「そのタイミングをうまく読むことができれば」と、意気込む。トランプ米大統領の動きには、一橋大学も警戒する。一方、國學院大学を追撃する明治大学は、ここで急ブレーキ。積極的に取引した慶応義塾大学は、うまく軽傷で乗り切った損切りに自画自賛。國學大は、ボラティリティの高い週で「稼ぐチャンス」だったと、多忙で取引できなかったことを悔やむ。

  • 明治大、痛い躓き……
    明治大、痛い躓き……

トランプ発言のタイミングを「読む」!(早稲田大)

9月13日(金)
今週のドル円市場は、ドルが非常に力強く推移していた。前週末、市場終わり時点では1ドル=106円台あたりだったが、今週末には1ドル=108円台の大台に乗せた。この1週間の堅調な米ドルの動きには、やはり米中通商協議に対しての米国のトランプ大統領側の対応が要因だと思わざるを得ない。

   トランプ米大統領は、今週に10月1日に発動予定であった対中関税制裁の延期を決定したと発表した。これによってドル円市場にとどまらず株式市場など、全体的にリスク選好ムードが漂い始めた結果、ドルも大きく値を上げたと考えられる。

   これに加えて、中国側も米国からの輸入品16品目を対象に今後1年間、関税の引き上げを控えることを発表した。この2大国の融和的な姿勢が、一過性ではあるが市場にプラスの影響を与えていると考えられる。

   米中両国は互いの譲歩的な姿勢に対して、一定の評価をしているものの、米国側の発言に見てとれるように、最終的な合意においてどちらかが不利益を被るような合意形成に至るのかについては、いささか疑問が残るところだ。

   これまでトランプ発言は一転二転としているが、そのタイミングをうまく読むことができれば、適切なポジションをとっていけるのだろうと感じる。まあ、それが一番の難題なのだけれども......。

   今週はトレードなし。総資産は変わらずだ。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
9月13日現在          5603円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中