2020年 6月 6日 (土)

【企業分析バトル】ネットで急成長! 婦人バッグのスタジオアタオが「安値圏」、その原因は?(慶応義塾大学)

印刷

   「スタジオアタオ」(3550)は自社ブランドの婦人用バッグや財布を販売していて、その半分がインターネットで販売されているのが特徴の会社で、リピーター比率が高いとされる。

   神戸市に本社を置き、2006年に営業を開始。2016年11月に東証マザーズに上場した、急成長企業だ。

  • 婦人用バッグや財布の販売で急成長!(画像は、スタジオアタオのホームページ)
    婦人用バッグや財布の販売で急成長!(画像は、スタジオアタオのホームページ)
  • 婦人用バッグや財布の販売で急成長!(画像は、スタジオアタオのホームページ)

小売りとしてはかなりいい数字

【スタジオアタオ(3550)】
2019年8月30日現在で「買い」は見送り
年初来高値 2019年7月10日 1317円
年初来安値 2019年8月29日  637円
2019年8月30日終値      646円

   同業他社のサマンサタバサリミテッド(東証マザーズ、7829)などと比べると、売上高や販売管理費が売り上げに対して低いのが特徴的だ。企業の稼ぐ力のモノサシとなるROE(自己資本利益率)、ROA(総資産利益率、いずれも実績値)を見ると、どちらも30%近くあり、小売業としては、かなりいい数字とみられる。

   しかし、直近の決算(2020年2月期第1四半期=2019年3月1日~5月31日)では、売上高、経常利益の鈍化により株価は下落している。

   前年度の第1四半期での経常利益の業績進捗率は50%を超えていたのに対して、今期では37%と前年より13%も低い値となっている。

   現在の株価は、地合いの悪さも相まって低迷状態であり、2020年度の業績予想に対するPER(株価収益率)は約13倍となっている。

   ちなみに、第1四半期の売上高は14億7300万円(前年同期比2.7%増)、営業利益は3億3000万円(同5.1%減)純利益は2億2900万円(同5.5%減)だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中