2020年 10月 21日 (水)

会社を、社員を放り投げたZOZO前澤氏 あまりに「利己中心的」で無責任ではないか!(大関暁夫)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

「社員が主役」のZOZOTOWNなどあり得ない

   ひとつ、大変気になったことがありました。ZOZOTOWNのホームページ上のカンパニーステートメントに突然、「いよいよ私たち社員が主役です」というコメントが掲載されたことです。

   誰の意思で誰が書き込んだものなのか。私は、このあまりにタイミングのよい、デキすぎたメッセージを一社員が書き込んだということはあり得ないと思っています。これは社員に対する、前澤氏の言い訳なのではないのか。今までワンマンだった自分の経営から解き放たれて、君たちの時代が来るのだと。だからこの身売りは君たちにとってプラスに働くものなのだと。そんな言い訳であり、社員を無視した突然の売却を無理に説明した詭弁に違いないと、確信に近いものを感じています。

   確信の理由は、前澤氏自身が会見で、「これまでの私の感性に基づく経営から、総合力やチーム力が問われる経営に移行する」と「社員が主役」の時代が来るかの如く話していたことです。

   では、前澤氏の下を離れて本当に「社員が主役」になるのかと言えば、そんなことは絶対にあり得ないでしょう。むしろその逆ではないのかと。グループ内のあらゆる業務でナンバーワンの座でなければ満足しないソフトバンク・グループ総帥の孫氏が、「社員が主役」のZOZOTOWNの実現などさせるはずがありません。

   ECサイトで1位になるという明確な孫氏発の宿願がある以上、むしろ前澤氏以上のカリスマで超ワンマンな孫氏の下で社員たちは、前澤氏以上に強烈な個性に引きずり回されるに違いない、とみています。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中