2019年 11月 15日 (金)

【日韓経済戦争】韓国紙も驚く「長~い日本製品不買運動」 意外な被害者とは......

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本の輸出規制強化で始まった日韓経済戦争は2か月半を超えた。韓国では過去に何度も日本製品の不買運動が起こったが、アッというまに終わるのが通例だった。

   「熱しやすく冷めやすい国民性なのに、なぜ?」と、韓国メディアも不思議がる。長引く不買運動の弊害は韓国国民にブーメランで返っている。韓国紙から読み解くと――。

  • 日本式料理店の跡にできる北朝鮮風酒場(ハンギョレ9月16日付より)
    日本式料理店の跡にできる北朝鮮風酒場(ハンギョレ9月16日付より)

日本式飲食店の跡地にできる北朝鮮風酒場の悪評

   ソウル市内に「弘大」(ホンデ)というにぎやかな街がある。弘益(ホンイク)大学前の大通りを中心にした繁華街で、日本でいえば渋谷や原宿に相当する若者文化の街。弘益大学(弘大)が、デザイナーや美術家、ミュージシャンなどを専門に輩出するお洒落な芸術系大学だからだ。

   そのホンデで、行き過ぎた日本製品不買運動を象徴するような出来事が報じられた。

   大人気だった日本式飲食店が閉店に追い込まれ、「北朝鮮風酒場」に生まれ変わるのだ。朝鮮日報(2019年9月22日付)「日本式飲食店の跡に北朝鮮風の飲食店出現」が、こう伝える。

「弘益大学前では、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)父子の肖像画を外壁に描いた『北朝鮮式飲食店』が開業に向け準備中だ。日本の木造建築物をまねて作った2階建ての有名日本式飲食店が最近の反日ムードで閉店した場所だ」

   ここには「うまい京都」という名前の日本料理店が営業していた。韓国のグルメサイトにはよく載り、若者らにも人気の店だったが、その跡に登場した店が市民のひんしゅくを買っている。

「(市民の一人が)工事現場の外壁にかけてあった幕を剥ぎ取った。建物の前面には北朝鮮女性の大きな絵を含む3メートルサイズの看板が掛かっている。金日成主席と金正日国防委員長の父子の肖像画と人共旗(編集部注・北朝鮮の国旗)も姿を現した。店舗内部も北朝鮮でなければ見られないはずの絵やスローガンであふれていた。壁には金日成とみられる男を北朝鮮の女子学生が取り囲んで泣く姿が描かれていた」

   韓国には「南男北女」(ナムナムプンニョ)という言葉がある。日本の「東(あずま)男に京女」のようなたとえで、女性は北部出身の方が美人で気立てがよいといった意味らしい。だから、飲食店でも「北朝鮮風の女性」は人気があるというが、さすがにこれはやりすぎだった。朝鮮日報(9月22日付)がこう続ける。

「住民の陳情で、警察が国家保安法違反の適用を検討している。国家保安法7条は『反国家団体やその構成員の活動を称賛、鼓舞、宣伝した者は7年以下の懲役に処する』と規定している。警察関係者は『関心を引く目的で過剰な装飾を行ってはいるが、利敵性を帯びてはおらず、国家保安法の適用は難しい。業者は人共旗と肖像画は消すと表明した』と説明した」

   ホンデでは、ほかにもいくつかの日本式料理店が閉店に追い込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中