2020年 10月 23日 (金)

飲みたかった幻のウイスキーを開封 でも仕事が...... そのとき、あなたは?

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   会社が必要とする人物像、必要としない人物像。その違いとは?

   業種や規模にかかわらず、会社が欲しがる人材はズバリ「稼ぎ続けることができる」人材です。そして、稼ぎ続けるために必要なのは、「稼ぐスキル」と「稼ぐための思考や行動様式」になります。

   人事・戦略コンサルタントの松本利明さんは、PwC、マーサー、アクセンチュアといった世界を代表する外資系コンサルティング会社で人事コンサルティングに携わってきました。そんな松本さんがやってきた、人を選定する「目利き」の仕事の要点をご紹介します。

「稼げる人稼げない人の習慣」(松本利明著)日経ビジネス人文庫
  • あなたは「幻のウイスキー」を飲みに行きますか?
    あなたは「幻のウイスキー」を飲みに行きますか?
  • あなたは「幻のウイスキー」を飲みに行きますか?

「稼げる人」は物事を先送りしない

   仮に、あなたを大のウイスキーファンだとします。以前から、幻のウイスキーと呼ばれている「Xモルト」を読みたいと思っていました。閉鎖された蒸溜所の希少なシングルカスクボトリングですから、まさに幻のウイスキーです。ある日の17時を過ぎたころ、友人からメールが入りました。

「幻の『Xモルト』が千葉県のBARで開栓するよ。マスターがオークションで仕入れたらしい。希望者が多くて残り2~3杯しか残っていない。どうする?」

   あなたは、午前2時から海外のクライアントとネット会議があります。午前1時までに資料を用意して送らなければいけません。しかし、あなたは、

「今すぐ行きます!残りを全部キープしておいて!」

と、即答します。

「タクシーの移動中に作業をすれば資料は間に合うな」
「ウイスキー数杯なら、会議にも支障はないだろう」

あなたは、このように考えたのです。

しかし、友人からは、

「次回、千葉方面で仕事があったときにでも寄ればいいよ」
「無理はしないで」

と。

   あなたはすぐに返します。

「いや、物理的に可能なので!もう向かっているから」

   2時間後、本当にタクシーで乗りつけ、幻のウイスキーを堪能し30分でBARを後にします。午前0時にオフィスに戻って資料を配布。午前2時からのネット会議には余裕で間に合いました。

   ふつうの感覚であれば「教えてくれてありがとう」と言って、手帳の千葉方面に行く予定日に書き込む程度でしょう。しかし、「稼げる人」は物事を先送りにはしません。チャンスは一瞬しかないことをわかっているのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中