2019年 12月 8日 (日)

ウーバーの「働き方改革」 研究者が語る「アルゴリズム管理の光と影」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「Uber(ウーバー)」の名前は、日本では3年前に東京に上陸し、拡大している飲食の宅配代行サービス「ウーバーイーツ」で一層知られるようになった。

   本書「Uberland ウーバーランド アルゴリズムはいかに働き方を変えているか」は、「ウーバー」研究の第一人者による。「ウーバー」が試している「新しい働き方」を論じたものだが、光と影のコントラストがときに強まることがあるらしい。

「Uberland ウーバーランド アルゴリズムはいかに働き方を変えているか」(アレックス・ローゼンブラット著、飯嶋貴子訳) 青土社
  • 「ウーバー」のサインを示したクルマ
    「ウーバー」のサインを示したクルマ

ウーバーはテクノロジー会社か、タクシー会社か

   米ウーバー・テクノロジーズは、日本では「配車サービス大手」とか「配車アプリ世界最大手」などといわれるが、メーンの事業はスマートフォンのアプリを使って行う自動車輸送の利用者とサービスを提供したいドライバーとの「マッチング」だ。ウーバーイーツは、その派生ビジネス。同社自身による分類は「テクノロジー会社」だ。ところが米国では、連邦地裁で判事が、無線を使ってタクシーを配車するニューヨークのイエローキャブとどこが違うのかと述べ、タクシー会社と断じる一幕もあった。

   ウーバーでは、ドライバーが自身の自家用車でサービスをする。そればかりか、同社のアプリは利用者とのマッチング機能ばかりではなく、ドライバーの管理にまで及ぶ。だから、タクシー会社と同じという指摘もあるわけだが、自らを「テクノロジー会社」と分類するのは、タクシー会社であることで課される「枠」を避けているのかもしれない。

   本書は、2010年にウーバーがスマホアプリの最初のベータ版を発売した当時にまでさかのぼり、同社の成長ぶりを追っている。

   ベータ版を発売したころといえば、その2年ほどまえにリーマン・ショックが世界を襲い、その余波で失業者が急激に増えていた。こうした不景気を背景に当時、社会的に盛り上がったのシェアリング・エコノミー。カーシェアリングや、レンタル産業、共同住宅などがもてはやされ、ウーバーは米国でたちまちのうちに「シェアリング・エコノミーの広告塔」になったという。こうした経緯から、ウーバーになじみが薄い日本では、ウーバーがカーシェア、あるいはライドシェアのアプリとされることがあるが、より正しくは「ライドヘイリング(配車サービス)のプラットフォーム」だという。

   ドライバー希望者は、車が1台あって、簡単な身元調査でアプリの配布を受け仕事ができる。もちろん運転免許証番号や自動車の保険証券番号の登録が必要だが、ウーバーは、失業者らに低いハードルで雇用機会を提供する企業として注目された。スマホやパソコンを使ってインターネットを通じて単発の仕事(ギグワーク)の代表例とされ、このあと米国では、ギグワークが経済のなかで認められるようになり、15年ごろから「ギグエコノミー」という用語が使われるようになった。

「自由」「自身が上司」も現実は......

   こうして急成長の波に乗ったウーバー。ドライバーには「自由」や独立性を約束し「自分自身が上司」のセールストークで誘う。じつはウーバーは法的な狙いから、ドライバーを「個人事業主」に分類し、従業員の資格を与えていない。つまり、その資格があれば受けられる雇用や労働をめぐる法的保護から除外しているという。その一方で、仕事中のドライバーの行動について「かなりの規制」を課しており、独立とか「自分自身が上司」などという状態とはいえない。

   しかも、その規制を課しているのは人間の監督者ではない。ウーバーではアルゴリズムでできたシステム上にライドヘイルのプラットフォームを構築。これがバーチャル上司の役割を果たしているという。ドライバーが個人事業主であり、あるいは自身が上司なら、自分でスケジュールを決め、自由に乗客を選べ、賃金レートを作成し、顧客リストを作成することが仕事だ。

   著者によると、ドライバーはフレックス制などから恩恵を受けてはいるが、ウーバーは「プロモーション」という追加報酬を設定することで、これが欲しいドライバーについては実質的シフト制に組み込むことがあるという。また、ドライバーが自分だけの顧客リストを作ろうとするとそのアカウントが停止となる可能性がある。

   「ドライバーは、名目上は自由で独立した立場とはされているものの、こうしたアルゴリズムの上司によって施行されているウーバーのルールは、ドライバーたちに開かれているはずの起業家精神にあふれた意思決定の機会を、とてつもなく制限しまっているのだ」と著者。ドライバーは、会社側の「自由」公約と、それを骨抜きにするアルゴリズム的マネジメントの現実との間には歴然とした差があり、ドライバーについてのウーバーの分類を巡る訴訟でも、原告の主張の根拠になった。

   ウーバーにとって「従来のカテゴリーを再定義することこそ、会社自体の成長を追求する賢い方法だった」と著者。本書では「ウーバーがいかに我田引水となる議論を利用して」成長してきたかについても明らかにされている。

kaisha_20191008011304.jpg

「Uberland ウーバーランド ―アルゴリズムはいかに働き方を変えているか」
アレックス・ローゼンブラット著
青土社
税別2600円

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中