2020年 1月 20日 (月)

「専業主婦のお小遣い、月5万円は安い?高い?」女性の投稿が大炎上 専門家に聞いた

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

夫婦を家庭の共同経営者と考えると、主婦のお小遣いは?

――なるほど。投稿者には専業主婦という立場に関して、「自分の収入で物を買っていない」という鬱屈した気持ちがあるということですね。

川上さん「自らが働いて収入を得るという行為は、人としての尊厳につながる面もあります。自らが収入を得ていないことで、一方的に与えられている、施しを受けている、と感じてしまう人は、鬱屈した気持ちになるのではないでしょうか」

――内閣府が専業主婦の家事・育児労働の対価は年収304万円になると試算しています。回答の中には「家事代行業などに問い合わせて、自分の労働がどのくらいか調べて夫と小遣い額の交渉をしたら」との意見もあります。主婦労働の対価と今回の論争をどう考えますか?

川上さん「とても興味深い意見です。こうした意見の違いの根底には、家庭の収入は誰の収入なのか、夫婦とは何なのか、という考え方の違いがあると感じます。家庭の収入は、夫と妻それぞれが稼いだ分がそれぞれに紐づくという考え方であれば、投稿者さんのご家庭の場合、夫2000万円、妻0円ということになります。専業主婦の家事労働の対価が304万円なのであれば、夫は家事を妻に委託する分、2000万円の収入から304万円を妻に支払う考え方になります。夫婦の間で業務委託契約を交わすようなイメージです」

「一方で、夫婦一体で家庭を運営しているのだから、家庭の収入は夫婦どちらが稼いでも夫婦2人の収入という考え方もあると思います。いわば、家庭の共同経営者のイメージです。その場合は、年収2000万円をどう使うかは夫婦で話し合って決めることになります。当然、お小遣いも夫が妻に『与える』ものではなく、夫婦で話し合い、2000万円の中から夫婦それぞれのお小遣い額を決めることになります。これらはどちらが良いと一概に決められるものではありません。そのご夫婦にとって納得しあえる形が見つかれば、それがそのご夫婦にとっての正解なのだと思います」

(福田和郎)

【募る! 職場のお悩み・体験談】

あなたの職場のお悩み、体験談を聞かせてください!
役員・上司と部下、同僚とのあいだで起こる、いじめや嫌がらせ、セクハラ、パワハラ、経理部VS営業部など部署間の対立に、お給料や休暇のこと......
働いているといろいろな出来事がありますよね。あなたのお悩みや心配事をJ-CAST会社ウォッチ編集部が取材して、スッキリ!解消のお手伝いをさせていただきす。
募る! 職場のお悩み・体験談に具体的な内容(400字程度)をお寄せいただき、あなたのご職業、おすまい(都道府県)、年齢、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中