2023年 2月 1日 (水)

あの映画、あの歌手の名前、なんだっけ? 「ボケちゃったかな」と思う前に読む本

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

簡単な見分け方があります

   もの忘れ外来や認知症外来にかかろうとすると、強い抵抗を示す人がいます。「お父さん受診したほうがいいよ!」と娘。「ハァ? 俺を誰だと思ってるんだ。バカにすんじゃねぇ!」と父。どうしたらいいのでしょうか?

   正確には医師の診断を受けなくてはいけませんが、「ふつうの物忘れ」と「認知症」を簡単に見分ける方法があります。

   平松さんは、

「ふつうの物忘れは、物忘れをしている自覚があります。旅行をした時に何を食べたかを忘れるのが『物忘れ』、旅行したこと自体を忘れるのが『認知症』です。このような記憶や場所がわからなくなったり、見えているはずのものが見えていなかったり、会話が成立しなくなることが認知症の主な症状です」

と説明します。

「さらに、『狐-鳩テスト』といって、手で鳩の形ができるかを見るというのもいい方法です。『狐-鳩テスト』のようなものは、『試験』をするより『遊び』としてやってみることになりますから、嫌がられることは少ないです。手で狐の形や鳩の形をしてもらうと、鳩の形は認知症の初期の段階で、すでにしにくくなることがわかっています」

   家族が認知症を発症すると、多くの問題が発生します。認知症の困った行動に対して、「周囲はどうすればいいのか」「本人は何をすべきか」を丁寧に解説した一冊です。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中