2019年 11月 20日 (水)

「恥さらしな夜」に見せた 英国「元ホームレス」選手らのスポーツマンシップ(井津川倫子)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   サッカー界がピッチ外の騒動で揺れています。

   ブルガリアの首都ソフィアで開催された欧州選手権予選の会場で、観客の差別的なヤジが横行。没収試合も検討されるほどの異様な雰囲気のなかでキラリと光ったのは、「流星のごとく」出現した「元ホームレス」選手たちが見せた堂々たるスポーツマンシップでした。

  • ブルガリア対イングランド戦、審判は没収試合の提案も……(写真はイメージ)
    ブルガリア対イングランド戦、審判は没収試合の提案も……(写真はイメージ)

差別行動に、審判は「中止にしようか?」

   トラブルが起きたのは、2020年欧州選手権予選のブルガリア対イングランド戦です。試合開始早々イングランドの黒人選手に対して、観客席から猿の鳴きまねなどの人種差別的ヤジが飛び交い、さらには一部の観客がナチスを連想させる敬礼をするなど、会場は異様な雰囲気に包まれました。

   試合自体はイングランドが6-0で大勝したものの、注目されたのはプレーではなく、観客席の異常な行動。試合終了直後、英国サッカー協会の会長は「最悪の夜だった」と非難しました。

One of the most appalling nights I've seen in football
(これまでサッカーを見てきたなかで、最悪の夜だった)
appalling:最悪の、最低の、ひどい

   この日に行われた他の試合でも、トルコ代表の選手たちが軍隊式の敬礼をして「政治的」だと非難されたばかり。米CNNテレビは、度重なる差別的行動にどう対応するのか、「欧州サッカー連盟(UEFA)の言動に注目が集まっている」と報じました。

All eyes are on UEFA after football's night of shame
(サッカーの恥さらしな夜の後、欧州サッカー連盟の行動に注目が集まっている)
all eyes are on~:~にすべての目が注がれている、注目している
night of shame:恥さらしな夜

   ブルガリア対イングランド戦は2度も中断。場内アナウンスで観客に注意が促されるほどでした。報道によると、審判はイングランドチームに「中止にしようか?」と、没収試合の提案までしたそうです。

   それでも、試合続行を選んだイングランドチーム。サウスゲート監督は試合後のインタビューで「とても難しい状況でプレーを続けることで、差別に屈しないというメッセージを伝えることができた。選手たちとスタッフを心から誇りに思う」と、その心中を吐露しました。差別的行動に毅然と立ち向かうことで、サッカー大国の意地を見せたかったのでしょう。

   一方、非難を受けたブルガリアは、サッカー協会の会長が辞任。さらに厳しい処分も示唆されていて、まだまだ騒動は続きそうです。

「流星」のように現れた元ホームレス選手

   じつは、一部のブルガリアファンの差別的な行動は以前から問題視されていました。イングランド代表にとっては、敵陣に乗り込んで完全アウエーの戦い。差別的ヤジの標的になったのは、代表デビューしたばかりのタイロン・ミングス選手(26)でした。

   192cmの大型DFのミングス選手は、アマチュアリーグからプレミアリーグにのぼり詰め、代表に選ばれるまでに成長した苦労人。アマチュア時代は、住宅ローンの担当者として不動産会社に勤務しながら、サッカーを続けていたそうです。しかも幼少期には、母親と妹の3人でホームレスのシェルターに住んでいたこともあるとか。

   「ホームレスから代表選手に!」と話題になったミングス選手は、ブルガリア戦でも大活躍でした。

Mings' meteoric rise continued as he produced a fine performance and kept a clean sheet
(素晴らしいプレーと無失点に抑える守備で、ミングスの流星のような出世は健在だった)
meteoric rise:流星のような出世

keep a clean sheet:無失点に抑るえ

   さらにサウスゲート監督は、ヤジに気づいて審判にアピールしたミングス選手のことを「完全アウエーのなかで、非常に勇気ある行動だった」と称賛。「元ホームレス」選手のスポーツマンシップあふれる言動は、差別主義者たちに対する痛烈なメッセージとなったことでしょう。

   それでも、私が一番心を打たれたのは、イギリス代表の一人がメディアに語った次のエピソードです。

   ブルガリア代表チームのキャプテンが、ハーフタイムでロッカールームに引き上げる途中、差別的な行動を取るファンたちに一人で立ち向かっていたというのです!

   「一人で立ち向かい、正しいことをするのは勇気がいることだ。こういった行動はちゃんと報じられるべきだ」とアピールするイギリス選手。「恥さらしな夜」と報じられた騒動の中で、いくつかのスポーツマンシップが存在したことに、キラリと光るものを感じました。

   それでは「今週のニュースな英語」は、米CNNテレビの見出しから「all eyes are on」を取り上げます。「すべての目が注がれている」「注目されている」というニュアンスで使う慣用句です。時や場所を後ろに加えていくと内容が深まります。

All eyes were on me
(みんなの視線が私に集まった)

All eyes were on me when I spoke
(私が発言すると、みんなの視線が集まった)

All eyes were on me when I spoke at the meeting
(会議で私が発言すると、みんなの視線が集まった)


   試合後のインタビューで、「差別的見方をする人のほうがかわいそうだと思う」と語ったミングス選手。遅咲きの苦労人に、これからも世界の視線が集まりそうです。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中