2019年 11月 15日 (金)

ゲームセクターが復活!? 「ドラクエウォーク」のコロプラに迫る!(國學院大学)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   9月に入って日経平均株価が徐々に回復するなか、スマートフォン向けゲームアプリ「ドラクエウォーク」が12日に配信を開始し、ゲームセクターを賑わせている。

   スマホ・ゲームは、「パズドラ(パズル&ドラゴン)」や「モンスト(モンスターストライク)」など、誰でも知っているアプ定番アプリをはじめ、多くのゲームが楽しまれている。しかし、現在大ヒット中の「ドラクエウォーク」は、これらのゲームとはちょっと違うようなのだ。

  • スマホ・ゲームの大ヒットでスクエニ株、コロプラ株は「買い」!?(写真はイメージ)
    スマホ・ゲームの大ヒットでスクエニ株、コロプラ株は「買い」!?(写真はイメージ)

「ドラクエウォーク」の知的財産権はどこが所有している?

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)
2019年9月30日現在で、保有は見送り
年初来高値(2019年9月30日) 5370円
年初来安値(2019年1月4日)  2887円
2019年10月11日現在      5130円

コロプラ(3668)
2019年9月30日現在で、保有は見送り
年初来高値(2019年10月1日) 1930円
年初来安値(2019年8月13日)  582円
2019年10月11日現在   1574円

   スマホ向けゲームアプリの「ドラクエウォーク」は、「Pok?mon Go」(ポケモンと米ナイアンティック)のようにスマホの位置情報などを使って楽しむゲーム。位置情報の仕組みとドラクエを組み合わせ、行きたい目的地を設定したり、自分の家を建てたりできる機能がある。

   米アップルの基本ソフト「iOS」と米グーグルの「アンドロイド」向けに配信。無料で利用できるが、ゲームの進行を有利にするアイテムの購入などに課金する。

   そんな「ドラクエウォーク」だが、まずは制作、企画、開発を手がけた企業を確認する。企画、制作は、ゲーム会社大手のスクウェア・エニックス・ホールディングス。同社は「ドラゴンクエスト シリーズ」をはじめ、「ファイナルファンタジー シリーズ」など世代を超える大ヒット作を生み出してきた。

   また、開発を担当したのが、コロプラ。ただ、「ドラクエウォーク」は、ドラゴンクエストの世界を題材として作られているため、IP(知的財産権)は企画、制作を担当したスクウェア・エニックスが所有している。

   今回の「ドラクエウォーク」をきっかけに、スクエニ株やコロプラ株だけでなく、他のゲーム銘柄も物色の対象となり、ゲームセクター全体が賑わう流れができ上がったようだ。

株価はスクエニ、コロプラともに大幅上昇

   「ドラクエウォーク」のようなヒット作が誕生すると、スクウェア・エニック、コロプラ両社の業績に影響を与えることは、ほぼ間違いないだろう。しかし、その大きさとなると判断が難しくなる。

   過去に大ヒットしたスマホ向けゲームアプリの「パズドラ」(ガンホー)や「モンスト」(ミクシィ)は、それぞれの自社IPであったため、課金額の大部分はそのまま自社の売り上げとなった。

   しかし「ドラクエウォーク」は、制作、企画した会社と開発した会社とが異なるため、売り上げを両社がシェアすることになる。この課金額のレベニューシェアの割合によって、両社の業績への寄与度が大きく変わるかもしれないわけだ。

   株価を見ると、配信後のスクウェア・エニックス、コロプラの両社は、大幅高の展開となっており、配信前と比べると、株価がコロプラは一時、約2.5倍に上昇。スクウェア・エニックスは一時、約1.3倍まで上昇している。コロプラについては、ファンダメンタルズを無視した空中戦(実際の企業価値と株価がかけ離れ、需給戦となっている状況)となっており、短期的には需給を意識した値動きが続きそうだ。

   こうしたことから、今回は売買を見送ることにした。

   おそらく、次の決算発表で確認できるであろう、レベニューシェアの割合次第ではコロプラ(2019年11月6日、2019年9月期通期決算の発表予定)、スクウェア・エニックス(11月上旬、2020年3月期第2四半期決算の発表予定)ともに、「買い」で入りたいと思う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中