2019年 11月 15日 (金)

【尾藤克之のオススメ】えっ、一生懸命働いてもお金はついてこないの? 誰もが感じている事実を解く

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米国で話題の一冊に「happy money」があります。2019年6月13日発表の「USA TODAY Best-Selling Books(米国ベストセラー)」で75位にランクインしています。

   日本版も発売されて、すでに10万部を超えています。今回は、その日本版を紹介します。

「一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money」(本田健著)フォレスト出版
  • 「お金のルール」は絶えず変わっている!
    「お金のルール」は絶えず変わっている!

人生はモノポリーではないことを知る

   私たちが豊かな社会生活を営むうえで、お金は不可欠な存在です。お金を稼ぐために必至に頑張りますが、一生懸命働いてもなかなかお金はついてきません。

   あなたは知っているはずです。あなたよりもお金持ち、あるいは裕福そうに見える人たちが、あなたよりも頑張って働いているわけではないということを......。

   お金を稼ぐ行動はゲームだと割り切って、楽しんでいる人のほうが上手です。最終的な「勝利」や「最高額」ではなく、ゲームの過程や駆け引きを楽しむことができるからです。ところが、多くの人はモノポリー (人生ゲーム)をしたがります。なぜでしょうか?

   著者で作家の本田健さんは、次のように説明します。

「もしも私が、 お金は『ゲーム』だと言ったら、どうしますか。どのくらい真剣に遊べますか。勝てると思いますか。どんなに経済的にうまくいこうが、それは『勝利』ではありません。もし、『勝利』があるとすれば、どれだけ『ゲームを楽しめるか』なのです」
「共通のルールのもと、ボードの上で駒を動かし、先の予測もつくモノポリーとは違って、実生活でお金を使うときには、この先どうなるかが、さっぱりわかりません。10マスや12マスも一気に先にいくこともなければ、いつも時計回りに進んでいくこともありません」

   ほかにも、会社が不景気になればリストラの危険性も発生します。会社が倒産したり買収されたりすることもあるでしょう。やっている仕事が時代遅れになれば、マーケットからスポイルされるかも知れません。

   私たちが生活をしている社会は、多くの危険をはらんでいるともいえます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中