2019年 11月 20日 (水)

ビットコイン、さらなる上昇はある? 早慶、國學大が好調リップルの急騰に賭ける(カソツー大学対抗戦)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   前週(2019年9月30日週)に軟調に推移していたビットコイン(BTC)は、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)の強い値動きが波及して、1BTC=92万円を回復した。主要なアルトコインが、仮想通貨市場をけん引した。

   BTCが冴えない要因は、メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供する米ペイパルが、フェイスブックが主導する仮想通貨「リブラ」の運営組織から脱退するなどの動きがあったため。上向いてきたものの、ペイパルに追随する企業が出てくると上値に重しがかかる。

   早稲田大学のTKH、國學院大学の億トレーダーは、盛り上がるXRP相場を眺めてほくそ笑む。慶応義塾大学の馬医金満はさらなる上昇を期待して、改めてXRPを購入した。明治大学のホフマンは今週も取引せず。

  • リップルの高騰で早大、慶大、國學大がニンマリ!
    リップルの高騰で早大、慶大、國學大がニンマリ!

仮想通貨はホット話題に事欠かない(早稲田大)

   10月12日(土)
今週も仮想通貨をめぐるニュースは、ますます盛り上がっている。そして仮想通貨の価格もそれらと呼応するように大きく乱高下している。週初めまでは短期的な下落トレンドに乗っかり、1BTC=83万円付近まで下げていたが、その後好転。週末に向けて二段階で大きな上昇を繰り返して、見事1BTC=90万円台まで戻ってきた。
なかなか鋭い反発であったため、依然気が抜けない状態ではあるが、それほどまで投資家の買い圧力が大きいのだろうと楽観的に捉えている。

   ホットな話題に事欠かない仮想通貨。かなり前からビットコインETF(上場投資信託)の申請が認可される、されないで話題になったBitwise社の一件だが、今週9日ついに正式に米証券取引委員会(SEC)から非承認となったことが発表された。これまでも数社がETFの申請を検討していたが、今回の件で仮想通貨が金融商品として正式なポジションを名実共に獲得する機会は停滞してしまった。

   ただ、このことがビットコイン価格に与えた影響は非常に限定的であった。むしろ発表当初もほとんど市場書価格は反応しておらず、むしろ上昇基調を続けていたくらいだった。今後も仮想通貨が市場規模を実用性とともに拡大させていけば、連動ETFの上場もより現実的なものになるだろう。
今週はトレードなし。総資産は1万1061円だ

保有する通貨         BTC、XRP
前週からの損益        プラス527円
10月11日現在         1万1061円

リップル、高騰期待で購入!(慶応義塾大学)

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。
今週も前週に比べて、多少の回復を見せました。

   ビットコイン(BTC)は8500ドル(約92万円)まで上昇しており、主要アルトコインで見ると、軒並み10%ほど上昇しております。理由としては、仮想通貨に関する、いくつかの大きなカンファレンスが開かれ、その中で好材料が発表されたからだろうと考えています。
それでいうと、リップル社は大規模なカンファレンスである「SWELL」を近日中に開催する予定で、そこで重大発表があれば、リップル(XRP)のさらなる高騰もあるかな、と思っています。

   さて今週の取引ですが、XRPを5000円分購入しました。先ほども説明したように、この後に大きなカンファレンスを控えているので、短期的に考えたら大幅な上昇もありえるかな、と考えたためです。
1XRP=28.2円で購入して現在29.5円を上下しているので、前週に比べて230円プラスの1万9111円になっています。このままカンファレンスまでキープしておいて、終わったら売り抜けようと思っています。

   では、また来週!

保有する通貨        XRP
前週からの損益     プラス230円
10月11日現在      1万9111円

カソツー終盤、爆上げを期待したい(國學院大学)

   今週の仮想通貨相場はビットコイン(BTC)とリップル(XRP)が共に上昇した!
XRPの動きは、10月7日(月)に1XRP=27円40銭台で始まり、この日に大きく上昇。終値は1XRP=29円50銭台となった。9日(水)の高値が1XRP=30円70銭台となり、その後は緩やかに下落して11日(金)の終値は1XRP=29円台だった。

   今週を振り返ると、7日(月)の上昇で日足の一目均衡表の抵抗雲に突入して、水曜日の高値で抜けそうになるが、その後、緩やかに下落したものの、11日(金)の終値は雲の中に残ったので、このまま雲が小さくなって抜けやすくなってくれれば、上昇トレンドになるのではないかと考える。
次にXRPの買い材料を、ニュースから探してみた。まず、カナダのCoinFieldがXRP台帳に基づいた大型プロジェクトを控えているも公表したことである。このプロジェクトへの期待で購入する人は少なからずいるだろう。このように、XRPはテクニカル分析的に期待できるので、カソツーも終盤だが最後に爆上げして逆転優勝を狙いたい!

保有する通貨       XRP
前週からの損益   プラス516円
10月11日現在     7617円

今週も取引せず(明治大学)

保有する通貨         BTC
前週からの損益    プラス・マイナスゼロ
10月11日現在         2万3130円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中