2021年 9月 29日 (水)

【株と為替 今週のねらい目】キター!「リスクオン」相場 株価2万3000円台に乗せるか(10月21日~25日)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

東京外国為替市場 EU離脱、残る英国議会での否決懸念

ドル・円予想レンジ:1ドル=107円50銭~109円50銭

2019年10月18日(金)終値 1ドル=108円24銭

   今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルの上値は重くなりそうだ。

   前週のドル円相場は、ドルが強含みの展開となった。米中貿易協議の一部合意を材料に、リスクオンのドル買い・円売りが進み、ドル円相場は一時1ドル=109円に接近した。英国のEU(欧州連合)離脱に関して英国とEUが合意したことも、円売り材料に作用した。

   今週は、ドルの上値が重くなりそう。一時的に1ドル=109円台のドル高・円安の動く可能性はあるものの、米中貿易協議の一部合意、ブリクジットをめぐる英国とEUの合意という材料は相場に織り込まれてきている。むしろ、EU離脱が英国議会で否決されるリスクに対する警戒感は強い。

   また、翌週の29~30日にFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、再び米国の追加利下げ観測が強まる可能性は高く、ドルの上値を抑えることになりそうだ。

   経済指標は、国内では21日に9月貿易統計、23日に9月全国百貨店売上高、24日に8月景気動向指数、東京モーターショーなどが予定されている。

   海外では22日に米国の9月中古住宅販売件数、24日にECB (欧州中央銀行) の政策金利発表、ドラギECB総裁の定例記者会見、米国の9月新築住宅販売件数などが予定されている。

   なお、22日は即位礼正殿の儀が行われ、東京市場は休業となる。

(鷲尾香一)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中