2019年 12月 7日 (土)

保育士の「働き方改革」道半ば? 勤務時間、給与水準は改善されたのか!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

50歳のサラリーマン男性と勤続20年の保育士の給与格差は......

   さて、給与水準はいかがだろうか――。

   確かに、大卒初任給が20万円を超えていることを考えれば、事業所内保育事業のA型適用の保育士などは若干少ない気もする。

   ただ、サラリーマンの平均月収は男性で35万円程度、女性で20万円程度とされており、筆者は保育士の給与が極端に低いとは感じないのだが......。たとえば、勤続20年ぐらいのサラリーマン男性の50歳代の平均月収は42万円程度であり、勤続20年の保育士とは大きな差は見られない。

   ただ、厚生労働省が10月1日に発表した「令和元年版 過労死等防止対策白書」によると、月末1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合が高い職業として、「運輸業、郵便業」に次いで「教育、学習支援業」となっており、労働環境問題として長時間労働の解消という課題が残っているようだ。(鷲尾香一)

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中