2021年 9月 19日 (日)

「ラグビーの仕事数」急上昇 人気を証明、なんと5年前の140倍 テニス、バスケを抜き去る

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

東京、大阪など大会会場がある都県で仕事の応募殺到

   ほかのスポーツ(バスケットボール、テニス、マラソン・ランニング、登山)の仕事検索数と比較すると、2019年6月には「マラソン・ランニング」の検索数を、この8月には「登山」を、さらに9月には「テニス」の抜き去り、グ~ンとトップに躍り出たことがわかる=図2参照

(図2)5つのスポーツの「仕事検索数」の推移
(図2)5つのスポーツの「仕事検索数」の推移

   なお、直近の1年間の「ラグビーの仕事検索数」を地域別に確認すると、東京・大阪で関連職を探している人が特に多く、東京での検索が全体の27.2%、大阪が21.6%、神奈川が14.3%を占めた。仕事の検索が行われた都道府県は、47都道府県のうち14都道府県に限られ、そのうち1位?12位はW杯の試合会場がある地域での検索だった。

   開催地を中心に大会に関連した仕事をしたいと希望する人が多かったことがうかがえる。ラグビー人気が仕事の面でも証明された形だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中