2019年 12月 10日 (火)

「働いてないってそんなにいけないこと?」専業主婦の投稿が大炎上「憲法の勤労の義務違反」の批判まで 専門家に聞いた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   30代専業主婦の「働いてないってそんなにいけないことなのか」という投稿が大炎上している。4人の子育てに追われる毎日なのに、ママ友から「なぜ働かないの?」と聞かれることが「疲れる」というのだ。

   この投稿に対しては、「憲法に勤労の義務があること知らないの?」「働いて社会貢献をすべき」という厳しい批判がある一方で、「家事・育児も立派な仕事」「4人の子がいては働くのは無理」と応援の声も。専門家に聞いた。

  • 子育てに専念するのがそんなにいけない?(写真はイメージです)
    子育てに専念するのがそんなにいけない?(写真はイメージです)

4児がいるのにママ友から「なんで働かないの?」

   話題になっているのは女性向けサイト発言小町(2019年11月11日付)に載った「働いてないってそんなにいけないことなのか。疲れる」というタイトルの投稿だ。

「夫婦ともに30代半ば。12歳、5歳、3歳双子の4児の母です。大学を卒業した年に夫と結婚。すぐ専業主婦になったので働いたことがありません。理系を出ており、珍しい国家資格を持っているので何かあれば働くことは可能ですが、子供が成人するまでは働くつもりはありません」

ところが、ママ友たちから何度も言われてきたのは、

「なんで働かないの?」
「専業主婦なんかしてないで働きなよ」
「働かないでよく平気だね」

という言葉だった。

   言ってくるのは9割以上が兼業主婦。投稿者はこう憤懣をぶつけるのだった。

「夫の収入で十分やっていけています。逆に『なんで働いているの?』『兼業主婦なんてしないで子供の面倒見なよ』と言われたらどう思うでしょうか。お節介もいいところです。働く必要があるなら働きます、ないから働いていないだけ、ただそれだけです」

   この投稿に対しては、「兼業主婦のやっかみだから気にしないこと」という共感と応援のエールが6割ほどあった。

「私も理系大学を出て、就職1年で結婚し専業主婦をして20年以上です。若い時は世間の目の厳しさに折れそうになりました。子供を持たない選択をしたので、なおさら言われました。家庭は千差万別、それぞれの思いがあるわけですから、何を言われてもスルーする能力をつける事をお勧めします。いちいち腹を立てるのは美容によくありません」

   双子を含む4人も子どもがいれば、そもそも働くことが無理なのでは、という意見も多かった。

「双子のママです。同時に2倍手がかかりますから、マジ大変です。働くのは無理ですよ。大きくなるまでは大手をふって子育てに専念しましょう。お子さん4人大変ですね。でも楽しいのでしょう。言いたい人には言わせておきなさい」

   また、昔は働く女性のほうがバッシングを受けたものだったが......という指摘も。

「私の母は昔で言うところの職業婦人。既婚女性の8割以上が専業主婦だった時代によく言われたのが『なんで働いているの?』『子どもがかわいそう』ですが、仕事に誇りを持っていました。時代は変わり、今や7割近くが兼業。結局、いつの時代もマイノリティーは叩かれやすく、いろいろと言われる存在なのです。この少子化時代に4人のお子さん。なんと素晴らしい。疲れたなんて損ですよ。スルー、スルー」

   子育てや家事だって「立派な仕事!」という意見もあった。

「30半ばで子供4人って、大学卒業直後からずっと子育てしているんだよね。それって重要な仕事だよ。なかなかできることじゃないよ。仕事というのは何も外でお金を稼いでくることだけじゃない。主婦業はなかなか評価をされにくいけど、夫や子供のために365日、休日のない大事な仕事だよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中