2019年 12月 10日 (火)

ビットコイン急騰の背景に中国あり 習近平主席、いまや「仮想通貨の父」と呼ばれる存在に(ひろぴー)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年10月25日にビットコイン(BTC)が急騰。80万円前半で推移していたビットコインは、翌日には1BTC=110万円を超える上昇を見せました。

   この背景には、中国の習近平国家主席がブロックチェーンを革新的技術として捉え、中国がリードするといった旨を発言したからだとされています。

  • ビットコイン急騰の背景に中国の存在!(写真は、中国・上海)
    ビットコイン急騰の背景に中国の存在!(写真は、中国・上海)

ザッカーバーグ氏予見「米国がつくらなければ、中国がつくる」

ビットコインが急騰した(出所:みんなの仮想通貨)
ビットコインが急騰した(出所:みんなの仮想通貨)

   24時間でみたとき、この時の上昇率は2017年の急騰相場以来で、歴代3番目の上昇率だそうです。

   こちらのコラムで、これまでも中国と仮想通貨との関係について話してきましたが、実際にニュースが出てくるとインパクトが大きいことがわかります。

参考記事:2019年8月18日付 J-CAST会社ウォッチ「凄まじき中国人の投資意欲! ビットコイン価格を上昇に『誘う』怪しい動き

   2018年秋から仮想通貨と人民元の取引が禁止されている中国ですが、開放に向けて舵を切ってくるのでしょか。

   そこで、中国の仮想通貨・ブロックチェーン関連で、どのようなニュースが出ているのか説明していきます。

   今回の習近平国家主席の発言は、中国共産党中央政治局が開いたブロックチェーン関連の研究会での発言でした。それを翌日にニュースとして取り上げられ、ビットコインの急騰につながったという流れです。

※参考リンク
人民日報:http://en.people.cn/n3/2019/1111/c90000-9630907.html
日本語訳:https://coinpost.jp/?p=117040(CoinPost)

   このことから、習近平氏は「仮想通貨の父」と呼ばれるまでになっています。

   じつは、ニュースとして取り上げられる前日には、フェイスブックの仮想通貨プロジェクトである「リブラ」の公聴会が行われました。マーク・ザッカーバーグCEOがリブラの説明を行いましたが、基本的にリブラの発行阻止の流れになっており、しばらくはリブラが世に出ることはなさそうです。

   公聴会では、ザッカーバーグCEOが

「米国がつくらなければ、中国は数か月で同様のモノをつくるだろう」

と発言しました。

   その翌日に、大々的に中国でニュースになったということは、米国の出方を見て中国が動いたと見てとれます。中国・人民日報にもブロックチェーン推進といった旨の記事が掲載され、全国民にアピールしたと捉えることができます。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中