2019年 12月 10日 (火)

生理中の女性従業員は「生理バッジ」でお知らせ 百貨店の試みに「うわっ、キモ!」「革命的!」と大激論

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   妊婦さんが「妊娠バッジ」をつけ、周囲からいたわりの配慮を受ける試みが広がっているが、同じように生理中の女性従業員が「生理バッジ」をつけたらどうなるだろうか。

   大阪の老舗百貨店が行った画期的、かつ大胆な試みがネット上でも大炎上騒ぎになっている。「うわっ、キモい」「いや、生理の理解に一石を投じた」と賛否大激論なのだ。あなたはどう思いますか?

  • 生理で悩む女性は多いが…(写真はイメージ)
    生理で悩む女性は多いが…(写真はイメージ)

「女性同士が、ポジティブな雰囲気で盛り上がれた」

   話題のきっかけになったのは2019年11月25日に放送された日本テレビ系朝の情報番組「スッキリ」だ。

   大阪市の老舗百貨店の大丸梅田店が、女性従業員が生理中であることを知らせる「生理バッジ」を試験的に導入したことを紹介した。ネット発の人気漫画で映画化も決定している「ツキイチ!生理ちゃん」(作・小山健さん)とのコラボ企画だ。名札の下にある告知用の札を裏返すと生理中であることを知らせる「生理ちゃん」の漫画が現れる仕組みで、女性従業員約500人が任意でバッジを付けている。もちろん任意だから、付ける、付けないは本人の自由だ。

   「スッキリ」の取材に応じた今津貴博店長によると、導入のきっかけは11月22日、「女性のリズムに寄り添う新ゾーン」として5階にオープンした最新の生理用品などを扱う売り場だ。「生理に対する理解を深めたい」と、若手女性社員から提案され、このフロアで働く女性従業員に生理バッチを提供した。

   今津店長は、

「妊娠マークがあるように、生理マークを付けることによって従業員同士の気遣いとか、ポジティブな動きが出てくるのではないか。売り場としてもいい形に進んでいくのではないか考えました」

と語る。

   女性従業員たちからも、

「生理の話を職場の人とできるようになったことが大きな一歩だと思う」
「同性同士で話すことで、ポジティブな雰囲気で盛り上がれた」

とおおむね賛同の意見が多いという。大丸側は今後、お客さんの反応などを見て継続するかどうか検討する予定だ。

   スッキリが街頭で調査をした女性80人中では、賛成が31人、反対が49人。およそ4割が賛成だった。番組に出演した生理用品の社会史を研究している田中ひかるさんはこう評価した。

「試験的な導入ということで、結局廃止になってしまうかもしれないけれど、生理を語る議論を起こすために一石を投じた意義はあると思う」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中