2019年 12月 10日 (火)

「7万円の包茎手術が130万円!」「無料診断の植毛が320万円!」...... 男性美容クリニックにだまされない方法

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   広告では7万円の包茎手術がなんと130万円! 無料診断のつもりで行ったのに、その場で320万円の植毛手術の契約をさせられた......。

   包茎や薄毛など男性特有の悩みにつけこんだ美容医療で、とんでもない額の被害に遭う若い男性があとを絶たないことから、国民生活センターが2019年11月21日、「男性の医療トラブルに注意を!」という調査報告を発表。警鐘を鳴らしている。

  • その美容医療ちょっと待って!(写真はイメージ)
    その美容医療ちょっと待って!(写真はイメージ)

無料相談なのに「今日手術しないと大変なことになる!」

   国民生活センターによると、2018年度に全国の消費生活センターに寄せられた美容医療サービスによるトラブルの相談は、男女合わせて1978件。そのうち男性は440件(22%)で、過去5年間ずっと400件前後で推移している。

   調査をまとめた国民生活センター情報管理課の神辺寛之さんは、こう語る。

「被害にあう男性の70%が20代~30代の若い人です。女性の被害と違うのは、まず被害金額が大きいこと。100万円以上の被害にあった人が32%と女性(16%)の2倍です。これは、植毛や薄毛治療が1年くらいの長期間必要で、高額になるケースが多いから。もう一つの違いは、女性はたとえば整形の結果に満足できないといった、施術の中身のトラブルが多いですが、男性の場合は、思いもよらない高額の契約を結ばされたなど、治療・施術以前の段階のトラブルが多いことです。これは、女性が雑誌などで美容医療情報をよく調べているのに比べ、男性はよく調べないで、いきなりクリニックに行くからですね」

   いきなりクリニックに行ってひどい目に遭うのは、こんなケースだ。

【事例1】「包茎手術が7万円」の広告につられて行くと130万円とられた。

   7万円で包茎手術というインターネット広告を見て、無料カウンセリングを受けるつもりでクリニックに出向いた。カウンセリングの際、医師が患部を診察したところ、「今日施術しないと子どもができづらくなる。広告の施術だと手術痕が目立つし、術後にひどい腫れが出る」などと言われ、包茎手術にさまざまな美容形成治療のオプションを付加する130万円の契約を勧められた。

   断って帰ろうとしたが、過去に別のクリニックで治療した人の失敗例の写真を見せられ、「写真のようにはなりたくないでしょ」「今日、手術をしないと後の事は知りませんから」などと不安をあおられ、頭が真っ白になった。手術承諾書にサインし、その日のうちに手術した。クリニックに焦らされ、正常な判断ができないままに高額契約をしたので施術代金を減額してほしい。(2019年8月、20歳代)

   神辺さんはこう説明する。

「これはかなり悪質なケースです。失敗写真を見せたりして不安な気持ちをあおって即日手術を急がしています。美容医療サービスなどの自由診療に関しては、即日手術の必要性が医学上認められない場合には強要してはならないと厚生労働省が通達を出しています。しかも、即日手術をする場合は、丁寧に説明して熟慮の時間を与えなければならないと求めています。もし、クリニックを訪れた時に即術手術を勧められたら、絶対に怪しいと思って、すぐに応じないようにしましょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中