2020年 10月 20日 (火)

【日韓経済戦争】観光客が戻ってくる!? 韓国最大の日本旅行サイトが「不買運動終結」を宣言 その理由は?

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   安倍晋三首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領の日韓首脳会談が2019年12月24日、1年3か月ぶりに行われた。

   関係悪化の解決にはほど遠い会談だったが、ちょっぴり、雪解けムードの演出には役立ったようだ。

   首脳会談があった、その日に韓国最大の日本旅行コミュニティーサイトが「ボイコット・ジャパンの終結」を宣言。閉鎖したサイトを再開すると発表した。韓国からの旅行客は戻ってくるのか? 韓国紙を読み解くと――。

  • 日本旅行を楽しもう(写真はイメージ)
    日本旅行を楽しもう(写真はイメージ)
  • 日本旅行を楽しもう(写真はイメージ)

「菅官房長官がヤケ酒を飲んでいる?」と皮肉る韓国紙

   日本製品の不買運動の中でも、特に観光旅行客の激減は、ビール、自動車と並んで大きなダメージを日本に与えてきた。

   中央日報(2019年12月19日付)は、その影響の大きさを「だから菅氏は酒まで飲んだのか...... 11月の訪日韓国人65%減」という皮肉たっぷりの見出しを付けてこう報道している。

「昨年11月に比べて今年11月に日本を訪問した韓国人は65.1%減った。日本政府観光庁が12月18日に発表した外国人旅行者の統計結果だ。65.1%に達する下落幅は2011年3月の東日本大震災以降で集計された訪日韓国人減少の66.4%減に迫る水準だ」
「共同通信は、韓国人観光客の減少が持続するなら、日本政府の政策目標にも支障が出てくると見通した。日本政府は東京五輪が開かれる来年の訪日観光客目標を4000万人に掲げている。日本世論は韓国人観光客の減少に敏感に反応している。先月、朝日・産経新聞などは一斉に韓国人観光客の急減に伴って地域経済状況が悪化していると報じた」

   そして、韓国メディアの一部から「対韓強硬派」として嫌われている菅義偉官房長官が「ヤケ酒でも飲んでいるのでは」と言わんばかりの論調で、こう結んでいる。

「『訪日観光客4000万人目標』を発表した菅義偉官房長官は『韓国は減ったが中国と欧州で増えた』と公言してはいるが、地方観光視察日程を増やすなど観光客呼び込みに懸命だ。12月11日には鳥取県の日本酒酒造会社を訪れ、普段はたしなまないアルコールも飲み、広報に努力したという」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中