2020年 10月 20日 (火)

【年末は本を読む!】「5G」がついにやってくる! 「高速化」だけじゃない、実現可能なこれだけのスゴイこと

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   2020年の春に「5G (第5世代移動通信システム)」のサービスが始まる。「第5世代」の英語「5th Generation」を略して「5G」と呼ばれる。1Gから、今の4G(LTE)までの各世代間の端境期で、次期システムの到来が今回ほど注目されたことはなかったという。

   通信が大幅に高速化することは広く認識されているが、それは技術的革新の一部にすぎず、導入後には、あらゆるものについて「通信の大変革」が見込まれることが、高い注目の理由だ。

   本書『5Gビジネス』(日本経済新聞出版社)は、5Gがもたらす大変革について、技術や通信のビジネスに詳しくない人でも理解できるよう書かれた解説書。「未来」の予習にうってつけの一冊。

「5Gビジネス」(亀井卓也著)日本経済新聞出版社
  • 5Gでこそ自動運転は実用化に近づく
    5Gでこそ自動運転は実用化に近づく
  • 5Gでこそ自動運転は実用化に近づく

「多数同時接続」は4Gの100倍

   5Gには3つの利用シナリオが示されており、それは、(1)高速大容量通信(2)超信頼・低遅延通信(3)多数同時接続――。一般的に期待されている「速くなる」という進化だけでなく、「信頼性が高く遅延の少なく」「大規模に存在する端末が同時に接続できる」ことでも、4Gに比べて大幅な改良を遂げることになる。

   速度の面では、4G時代の10倍以上速くなるとされ、とくに上りの強化が特徴。「超信頼・低遅延通信」の面では、4Gまでさまざまな通信が混在していたものが、通信の種類ごとに最適化されるようになる。「多数同時接続」のスケールは4Gの100倍。4Gでは、一つの基地局に100台程度の端末が同時にアクセスすると接続できなくなる(輻輳する)ことがあるが、1万台程度まで安定して接続できるようになる。

   開発が進められているクルマの自動運転では、周囲の車両や標識、信号、歩行者などの情報を検知し、その解析結果をもとに、通信によりハンドルやアクセル、ブレーキなどを制御する。自動運転が実現するためには、通信が切断されてはならないし、危険を察知してブレーキをかけなければならない場合には通信の遅延も許されない。5Gで高速化、超信頼・低遅延、多数同時接続が実現されてこそ、自動運転は実用化に近づく。

   さまざまなモノがインターネットに接続される「IoT 」は今後、本格化の時代を迎えるが、そうなると、大量のセンサーから発生する膨大な量のデータがアップロードされるようになる。産業界では、通信やAI使って、そして多様なセンサーを業務の流れのなかに埋め込んで、ビジネスモデルを革新する「ビジネストランスフォーメーション(DX)」に向かっている。

   企業のDXの取り組みでは、膨大な制御信号とデータが発生することを見据えて、5Gを想定して設計されており、5Gは「DXの基盤」といわれているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中