2020年 6月 6日 (土)

【日韓経済戦争】「安倍首相は韓国ドラマの熱狂的ファン!」韓国紙で読み解くその理由とは

印刷

   じつは、安倍晋三首相は韓国ドラマの熱狂的なファンだったはずなのに、どうして最近、米国ドラマばっかり見ているの~と、韓国紙がすねている。というより、皮肉を利かせているというべきか。

   それにしても、安倍首相が韓国ドラマの大ファンだったとは! 本当なら国家機密級の大スクープだが、いったいどういうことか。韓国紙で読み解くと――。

  • 韓国ドラマが好きだった? 安倍晋三首相
    韓国ドラマが好きだった? 安倍晋三首相
  • 韓国ドラマが好きだった? 安倍晋三首相

現在は米国ドラマ「ホームランド」にどっぷりハマる

   米国ドラマに最近ハマっているという安倍首相のつれない態度に悔しさをにじませるのは、中央日報(2020年1月13日付)の「韓国ドラマ『第5共和国』熱狂ファンの安倍首相、最近は米ドラマに夢中」という記事だ。

「映画・ドラマ鑑賞が趣味の安倍首相が、最近は米国ドラマにはまっていると、毎日新聞が1月13日報じた。山田孝男特別編集委員のコラム『風知草:お気に入りのドラマ』でだ。コラムによると、安倍首相が最近楽しんでいる米国ドラマはCIA(米中央情報局)女性要員を主人公にして米国の中東作戦を扱った『ホームランド』と、英国王室現代史の裏面を赤裸々に描いた『ザ・クラウン』だ。ネットフリックスで放映中の二つのドラマを安倍首相は主に就寝前に見ているという」

   「風知草」は「永田町を知り尽くしている」という山田孝男記者の名物政治コラム。毎週月曜日に掲載される。「風知草」によると、安倍首相はこの二つの米英ドラマを時折、就寝前に見ているそうだ。特に「ホームランド」は、CIAと米国の戦争の内幕を、巻き込まれる側の表情や息づかいも盛り込み、重層的に描いている。

   その中には、空爆でイスラム過激派幹部を暗殺する作戦も登場する。アジトと思われた標的は結婚式場で多くの民間人が死ぬ。民間人巻き添えを否定するアメリカ政府。流血を暴くSNS投稿と反米デモ......。ちょうど今年1月3日に米軍によるイランの司令官の暗殺事件があり、アメリカとイランの戦争危機があったばかりだ。

「いま、安倍首相はサウジアラビアなど中東3カ国を歴訪中だ。日本は国際政治へさらに分け入り、平和を探らねばならない」

と、山田記者はコラムを結びつつ、このドラマを安倍首相はどう見ただろうかと思いを馳せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中