2020年 4月 4日 (土)

パラ五輪マラソン「金」射程! 練習環境が変わり「念願」が...... (三井住友海上火災 熊谷豊さん)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   三井住友海上火災保険に勤務する視覚障がい者のパラアスリート、熊谷豊さん(32)は、2020年の東京パラリンピックのマラソンを走るため、勤務をしながら毎日練習に励んでいる。

   すでに「推薦内定」を獲得。「参加枠」がかかった今年4月のロンドンマラソンで条件を満たせば念願がほぼかなう。

  • 「東京パラリンピックで金メダルを目指したい」と語る熊谷豊さん(東京都千代田区の三井住友海上火災本社)
    「東京パラリンピックで金メダルを目指したい」と語る熊谷豊さん(東京都千代田区の三井住友海上火災本社)

「推薦内定2位」も自信

   熊谷さんは2019年8月25日に開かれた代表推薦選手選考大会の一つ、北海道マラソンで2位、「推薦内定」を得た。しかし、記録は自己ベスト(2時間27分35秒)から4分以上遅い2時間32分20秒。レースの数か月前に左膝内側を負傷し「疲労骨折一歩手前」で、ドクターストップの可能性もあり、走りとしては満足できるものではなかった。

   東京パラリンピックの男子マラソンは日本から3人が参加できる(トラック種目との重複参加などで変更の可能性あり)。このうち、リオ大会でもマラソンに出場した堀越信司(ただし)選手が19年4月の世界選手権で3位に入り、順位1位の「推薦内定」を得て同時に参加枠を獲得。一方、熊谷選手は北海道マラソンで順位2位の「推薦内定」を決めたが、参加枠はまだ獲得していない。20年4月のロンドンマラソンは世界パラ陸上競技連盟(WPA)のワールドカップとして開催され、参加枠を持っていない選手が2位までに入ると参加枠を獲得できる。

   熊谷さんは故障を言い訳にせずもっと早く走れるようにならなければ...... そんな思いでロンドンへの弾みをつけるため2019年12月1日の福岡国際に出場。コンディションを整え納得できる走りができ、それまでの自己ベストを2分30秒も更新、2019年の1年間で限れば、世界第2位に相当する記録だった。

   東京・神田駿河台の三井住友海上の本社で熊谷さんに話を聴いたのは、その数日後のことだ。「ロンドンで普通に走れば(参加枠を)決められると思う」と自信を見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中