2021年 7月 24日 (土)

いま話題の「渋沢栄一」 玄孫が解説、てっとり早く理解できる本

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

人事を尽くして天命を待つ

   運をつかめなかった。つまり、成功しなかったのは努力して運を開拓しなかったから、と考えてしまいがちです。

   いまでも、多くの人が成功や失敗を強く意識して、お金や財を得ることに必死になります。まさに生きていくために必要だと言わんばかりです。これについて、渋沢栄一は、

「お金や財は生きるためには必要のないこと」

とだと主張します。どういう意味でしょうか。

「自分の命の実質的な価値に比べたら、お金や財産という成果はカスに等しいと栄一は言っています。運命について栄一は運ぶ命と考えていたと思います。宿命のように変われないものではない。運命とは自ら変えられるものであり、人生のすべてを支配しているわけではないと考えました。逃れられない運命の流れにそいつつも、自分の知恵を磨き、努力することで、運命を開拓できるとして、最後まで懸命に生きました」

と、渋澤さん。

「いつも学び、知恵と行動力を身につけていけば、チャンスが訪れたときにそれをチャンスだと見極めつかむことができます。成功や失敗という基準は、長い人生における一つの過程での『あや』でしかありません。だからこそ、焦ることなく人生を大いに楽しみましょう」

と、説いています。

   近代日本経済の父・渋沢栄一の名著を現代におきかえ、読みやすいスタイルに再構成した一冊。どんな状況でも運命を切り開き、逆境に立ったときこそ考えるべきこととは何か、やるべきこととは何か――。

   監修は、大ベストセラー「現代語訳・論語と算盤」の訳者である守屋淳氏です。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中