2020年 9月 20日 (日)

コロナウイルス拡大で「Tokyo2020は大丈夫か?」 海外メディアは不安モードいっぱい(井津川倫子)

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   東京オリンピック・パラリンピックの開幕まであと半年。新型コロナウイルスの感染が拡大するにつれ、海外のメディアが「Tokyoは大丈夫か?」と報じ始めました。

   大会関係者は「対策にしっかり取り組む」とアピールするものの、日本での感染者が増えるのに比例して、不安視する声も増すばかり。はたして、「Tokyo2020」は本当に大丈夫なのでしょうか? 海外メディアの報道を追ってみました。

  • コロナウイルスの感染拡大、海外メディアが心配するけど……
    コロナウイルスの感染拡大、海外メディアが心配するけど……
  • コロナウイルスの感染拡大、海外メディアが心配するけど……

コロナウイルスが「東京に冷たい水を注ぐ」?

   「Tokyo2020は大丈夫か?」の声が目立ち始めたのは、皮肉にも大会組織委員会の「安全宣言」がきっかけでした。東京パラリンピックの準備状況を確認する会議が始まり、その中で、「新型コロナウイルスによる感染拡大は大変心配」なものの、「対策に万全を期す」との考えを強調したのです。

   関係者としては「Tokyo2020は大丈夫!」というポジティブなメッセージを発信したつもりだったのでしょうが、残念ながら海外メディアには、とんだヤブヘビでした。

Tokyo 2020 organizers 'seriously worried' about impact of coronavirus on Olympics
(東京五輪・パラリンピックの主催者たちは、コロナウイルスの影響を「大変心配している」:英紙The Guardian)
organizer:主催者
be seriously worried:真剣に悩む、本気で心配している
impact on:~への影響、インパクト

Tokyo 2020 is under threat from corona
(東京五輪・パラリンピックは、コロナウイルスの恐怖にさらされている:英ネットMetro)
under threat :危機にひんして、恐怖にさらされて、おどされて

The spread of the infectious virus could pour cold water on momentum for the Games
(感染症の拡大は、大会の機運の盛り上がりに水をさす恐れがある:英BBC放送)
pour cold water on:~に水を差す momentum:機運

   なるほど、「水を差す」は、英語でも「pour cold water」(冷たい水を注ぐ)と言うのか...... などと感心をしている場合ではありません!

   「コロナウイルスの恐怖にさらされている」だの「大変心配だ」など、不安をかき立てるような表現ばかりが目に付きます。

   もちろん、記事のなかでは「万全の対策を取る」という「安心面」にも触れているのですが、全体としては「Tokyoよ、大丈夫か!」と不安視する声が多勢を占めている様子。日本国内ではあまり報じられていない海外の「ネガティブな反応」に、私まで不安な気持ちになってしまいました。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中