2020年 10月 22日 (木)

【決着! 企業分析バトル】優勝は早稲田大学! 銘柄種類多く、リスク分散の強み生かす

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   早稲田大学、明治大学、慶応義塾大学、一橋大学、國學院大学の5大学で、40を超える企業を分析した2019年の「シューカツに使える企業分析バトル カブ大学対抗戦」に決着がついた。

明治大学は食品関連で攻めた

   優勝は、早稲田大学。372万2000円を投資して、421万4000円を回収。49万2000円の利益を得た。就活生に人気の商社をはじめ、ペット保険や流通業、話題のキャッシュレスやスポーツ関連と、さまざまな業種の銘柄に投資した。

   2位には明治大学がつけた。自身が就職したい業種に考えている食品を中心に12銘柄、306万5500円を投資して、327万Ⅰ900円を回収。20万6400円の利益を得た。3位の慶応義塾大学は192万4000円の投資で207万5000円を回収。15万1000円の利益をあげた。一橋大学も、プラスでチャレンジを終了。國學院大学を除き、4大学がプラスを確保した=別表参照

   各大学が1年間の戦いを自ら振り返ったので、國學院大学から順に、彼らの自己評価を公開していく。

【株式取引ルール】
  • 月200万円を上限に最低1銘柄(企業)を選ぶ、バーチャル投資です。
  • 投資対象は、新興市場を含む上場企業の現物取引です。
  • 1年間のトータルで損益を競います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中